ここから本文です

弥生土器や銅鐸にはシカやトリが多く描かれていますが、これらは神と崇められてい...

snw********さん

2006/5/1000:15:01

弥生土器や銅鐸にはシカやトリが多く描かれていますが、これらは神と崇められていたためだと聞きました。
なぜ、トリが神と崇められていたのですか??
歴史博士の方、教えてください!!

閲覧数:
279
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

you********さん

2006/5/1010:27:32

日本の歴史はサパーリ。でもそれって民俗学の守備範囲じゃね?

日本の古い信仰では鳥は天と地を行き来するから
天上の神様から恵みや託宣を人にもたらすものとして
崇拝の対象になったそうです。神社にある鳥居も
お鳥様に休んで頂くための止まり木、目印という考えが
原型なんですって。

シカはちと分からないなー。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kit********さん

2006/5/1007:11:46

人間に出来ないことが出来るからではないでしょうか?????????

she********さん

2006/5/1000:20:30

土器とかに描かれている神の類の生き物はたいがいが神の使いだと信じられていたからです。
ですからトリも神の使いと考えられていたのではないでしょうか??

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる