ID非公開

2012/2/15 7:08

11回答

水素水のサプリメントはサンゴが入っている製品が多いのですが、なぜサンゴが入っているのでしょうか? 水に溶かすとアルカリ性の水素水になるのでしょうか?

水素水のサプリメントはサンゴが入っている製品が多いのですが、なぜサンゴが入っているのでしょうか? 水に溶かすとアルカリ性の水素水になるのでしょうか? 水素水のサプリメントで水に溶かすと中性の水素水になる製品はありませんか?

補足

水素水のサプリメントは全てアルカリ性であると考えていいのでしょうか?

水の生物19,828閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

5

実際にミネラル還元水素水と水素サプリメントを愛用しながらサンゴを使用していない水素サプリメントの販売をしている者です。まず、水素のサプリメントにサンゴが入っているものが多いのは何故かということについてですが、科学的な意味合いと営業戦略的な意味合いに分けて説明します。 科学的な意味合いとして、サンゴそのものよりもサンゴの主成分であるカルシウムに意味があります。ですから、サンゴを使った水素サプリメントは成分表にサンゴカルシウムと書いています。サンゴを使った水素サプリメントは、宮城県にある創造的生物工学研究所の及川博士が2005年頃に開発され様々な流通経路で販売をはじめられたものです。開発の経緯は、http://www.icb-co.jp/hion/about.html に書かれています。ただし、書かれている内容の科学的な真偽は???です。また、カルシウムであれば別にサンゴでなくてもいいのでこちらの商品のようにカキ殻を利用したものもあります。 http://www.kasseisuiso.jp/index2.html 及川博士は、サンゴカルシウムにマイナス水素イオンが吸蔵されているようなことを書いておられますが、高純度なカルシウムであればそのイオン化傾向によってカルシウムイオンとなって水に溶け出す際に、放出された電子によって水分子は水素と水酸イオンに分解されます。 2H2O + Ca = H2 + 2OH- + Ca2+ この反応は、電解水素水生成器のマイナス極において電力によって起こる還元反応をカルシウムのイオン化傾向による化学的な還元反応に置き換えただけです。つまり、NaやKなどのアルカリ金属やMgやCaなどのアルカリ土類金属などは、そのイオン化傾向が比較的強く、水を還元しやすい物質なのです。ですから、これらを水に溶かすと還元反応により水素が生成されるとともにOH-が増えるので水はアルカリ性になります。高純度マグネシウムの粒を封入したスティック状の還元水素水生成器は、まさにこの反応を応用したものです。 「水素水のサプリメントで水に溶かすと中性の水素水になる製品はありませんか?」とのことですが、水素サプリメントの性能とは電子を放出する力です。電子を放出する力の強い水素サプリメントであればあるほど、水に溶かした際には電子を放出して水素をより多く生成し、pHを弱アルカリ性に変えます。つまり、水そのものの特性上、還元されれば必ず弱アルカリ性になります。中性の水素水になることは決してありません。アルミパウチに封入された水素水が中性なのは、水を還元したものではなく、中性の水にナノバブル状水素を高圧充填したものだからです。 なぜ、中性にこだわられるのか疑問を感じるのですが、体内のpHはホメオスターシス(恒常性の維持)によって厳密にコントロールされているために弱アルカリ性のものを摂取しても人の体が影響されることは全くありません。摂取するものによって体内のpHが影響されるのでは食するもののpHに注意を払わなければならなくなります。しかし、実際には食するもののpHを意識することなどありませんし、アルカリイオン水とか電解還元水素水などの弱アルカリ性の水によって健康被害がおこったことは全くありません。むしろ、弱アルカリ性の水には整腸作用があるとさえいわれています。また、俗に言われている人体に適したpHと言うのは確かな根拠があるものではありません。実は、水道法に定められた水道水のpHというのも非常に適当に決められたものなのです。 次に、サンゴを使った水素サプリメントが多い営業戦略的な意味ですが、これはOEM商品が多いということです。つまり、メーカーは極限られているのですが、元々はひとつの同じ商品がいろんなブランドで販売されているために、あたかもサンゴカルシウムを使ったたくさんの水素サプリメントが溢れているように見えてしまうのです。事実として、こちらの「株式会社HIC」の会社概要の説明にある通り出所が同じ商品を販売系列ごとに異なる商品としてブランド化して卸しています。 http://www.hic-m.co.jp/company.html 創造的生物工学研究所で開発されたサンゴカルシウムベースの水素サプリメントを、その営業販売部門とも言える株式会社HICが取扱店ごとに異なるブランドにして卸している次第です。この2社が密接な関係にあることは、こちらのアクセスマップに両社とも掲載されていることからも判断できます。 http://www.icb-co.jp/company/map.html では、このサンゴカルシウムを使った水素サプリメントは、本当にいいのかですが、ある程度の抗酸化効果はあります。ただし、長期間カルシウムを摂取し続けることは体にいいのか疑問が残ります。私は仕事がらお客様に水素サプリメントをお薦めしているために色々調査していますが、こちらに書いているようなことを感じています。 http://www.naruhodo-genki.com/faq/faq_2.html

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい説明ありがとうございます。教えてくださったサイト参考になりました。

お礼日時:2012/2/19 19:47