ここから本文です

簿記の買入償還について

nic********さん

2012/2/1822:18:54

簿記の買入償還について

(問)平成24年9月30日に平成21年4月1日に発行した額面総額200円の社債を額面100円につき97円で買入償還し、代金は利払い日の利息とともに当座預金から支払った。
社債の発行価額は額面100円につき95円、償還期間5年、年利5%、利払日は9月末日と3月末日である。

(答)
(借)社債利息(償却分) 1 社債利息(利払分) 5 社債 197

(貸)社 債1 当座預金199 社債償還益 3


この取引の仕分け方が全然理解できなくて困っています。
手順と解説をどなたかお願いします。

閲覧数:
312
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m_f********さん

2012/2/1822:53:42

額面総額200円、額面単価100円なので2口発行された社債です。
払込金額は100円につき95円ですから、
200×0.95=190円
額面金額と払込金額の差額10円を償還期間で均等に償却していきます。
つまり、10円÷5年=2円を毎年決算時に償却します。
問題に決算日が書かれていないのですが、3月31日と仮定します。
当期首(平成24年4月1日)までの間に決算日は平成22年3月31日、平成23年3月31日、平成24年3月31日の3回経過しています。
よって、2円×3=6円の償却が済んでいます。したがって当期首の時点でのこの社債の帳簿価額は
190円+6=196円です。

また、買入償還に支払った金額は100円につき97円ですから、
200×0.97=194円になります。

社債利息は年利5%なので
200円×0.05=10円
半年ごとに支払うので一回の支払額は
10円÷2=5円になります。
つまり支払う代金の合計額は
194円+5円=199円になります。

仕訳はまず、当期分の償却を行います。当期は4月〜9月の6ヶ月分なので、
2×6÷12=1円を償却します。
社債利息1/社債1・・・ ①
この仕訳の結果、社債の帳簿価額は
196+1=197円になりました。
これを社債利息5円とともに買い入れしたので、
社債197/当座預金199
社債利息5/
借方の支払うべき金額(202)よりも実際に支払う金額(199)の方が小さいので、差額(3)を社債償還益として貸方に計上すると、
社債197/当座預金199・・・②
社債利息5/社債償還益3
となります。
①②を合わせて

社債利息1/社債1
社債197/当座預金199
社債利息5/社債償還益3

となります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ike********さん

2012/2/1822:49:50

定額償却
(9/30)
(200-200×95/100)×6/12×5=1
(今まで)
(200-200×95/100)×12×3/12×5=6
社債の簿価
200×95/100+6+1=197

社債買入償還時
200×97/100=194

社債償還益
197-194=3

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる