ここから本文です

少年の死刑確定後の実名報道について

nhj********さん

2012/2/2017:50:16

少年の死刑確定後の実名報道について

「読売新聞は、犯罪を犯した未成年者について、少年の健全育成を目的とした少年法の理念を尊重し、原則、匿名で報道しています。しかし死刑が確定すれば、更生(社会復帰)の機会はなくなる一方、国家が人の命を奪う死刑の対象が誰なのかは重大な社会的関心事となります。このため20日の判決から、光市母子殺害事件の被告を実名で報道します。」
とありましたが、最高裁が上告を棄却したあとに、新たな事実がわかり、死刑の執行がなされないというようなことは想定されないのでしょうか?

閲覧数:
402
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ej3********さん

2012/2/2018:01:13

制度としては再審や恩赦が可能性としては存在します。

また法律の改正により死刑が廃止されたり、殺人罪などの法定刑が変更された場合も確定囚であっても有利になることはあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2012/2/2017:57:40

一審、控訴審で元少年は犯行を認めていますので、新たな事実が出ることはないと思います。

kao********さん

2012/2/2017:56:18

先ず無いでしょうねー自供が有りますし事件後の知人えの手紙の件も有ります反省の情が見えませんねーーーー

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる