ここから本文です

日の当たり方と美術・建築

la2********さん

2012/2/2117:32:21

日の当たり方と美術・建築

ヨーロッパの映像を見ていると、緯度が高いせいか、太陽の光が夕方みたいに横から当たっているように見えます。アジアだと日光が上から降り注ぐ感じですが。やっぱりヨーロッパだと部屋の奥まで日光が届くんですかね。

ところでこういう光の当たり具合の違いというのは、例えば絵の描き方とか建物の造り方とか、いろいろなデザインの見せ方なんかにも影響してくるのでしょうか?
単なる思い付きの質問ですが、ご教示お願いいたしますm(__)m

閲覧数:
197
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

toy********さん

2012/2/2208:01:06

例えば600年前の初期ルネサンスにあたる時代に描かれた絵画指南書には(イタリアのチェンニーニ) 、人物を描くときは必ず左から光があたるようにせよと注意書があります。光の方向はリアリティーを出すため沢山研究されてそうですね。

質問した人からのコメント

2012/2/28 22:36:10

降参 必ず左からというのも興味深いですね!
ありがとうございますm(__)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる