ここから本文です

マツダのスカイアクティブエンジン、これはマツダ得意の短命に終わるのでないでし...

hiy********さん

2012/2/2312:26:22

マツダのスカイアクティブエンジン、これはマツダ得意の短命に終わるのでないでしょうか?今までマツダと言えばロータリーという人がほとんどだと思いますが、万人受けするものではなかったでですし超短命超不人気で

ミラーサイクルエンジンとかいう駄作のものもあったはずです。
トヨタや本田に勝つことができないので異端的な考えでいるのはもちろんそれもいいと思いますが
マツダ信者や広島の人はやはりマツダに期待してるのでしょうか?
サイトを見たら、マツダはハイブリットもやります、いろいろこれからもやります
みたいなことが書かれてるのですが、ではなぜ今トヨタや本田に対抗してハイブリットを出さない?
という話です。
同じリングに立つと負けるので違う誰もいないリングに立つ
そして1人で試合してる状態なのです
ロータリーにしろ、ミラーサイクルエンジンにしろ
私にはマツダというメーカーは信頼できません
消費者を無視し1人劇場してるようなメーカーにしか思えないのです。
マツダ信者の方、カーマニアの方々、このマツダの今までの過去と現状をふまえどう思いますか?

補足ミラーサイクルエンジン搭載車は過去にいくつかのモデルがあったと思いますが不評すぎて短期間で絶版になりました。
そんな技術を受け継いだ?スカイアクティブエンジン?たかが知れてるのでは?
横文字でやたらカッコいい感じの言葉ですが。ミラーサイクルにスカイアクティブですよ。

閲覧数:
67,546
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2012/2/2917:37:27

マツダのスカイアクティブ技術は失敗したと考える5つの問題点
■エンジン
【デミオ編】
問題点1.完成度が低い状態で前宣伝と異なる性能の車が発売されたこと、これによってスカイアクティブの
イメージを著しく棄損しました。。
具体的にはマツダの挙げているスカイアクティブGの特徴
http://www.mazda.co.jp/philosophy/skyactiv/engine/skyactiv-g.html
1.量産ガソリンエンジンとして世界で初めて高圧縮比(14.0)を実現
2.高圧縮燃焼によりエンジンの効率を大幅に高め、従来比で燃費、トルクをともに15%向上
3.中低速トルクの増大による実用域での使いやすさ向上
4.高圧縮比を実現する4−2−1排気システム、キャビティビストン、マルチホールインジェクタ―などの採用。

のうちデミオで実現したのは1.のみ。しかもスカイアクティブは一部グレードのみの
採用でした。スカイアクティブ車は従来車より、馬力とトルクが低下し車両重量が重く、同排気量の
お買い得車のデミオ、ナビ付よりおよそ40万円高くなった。スペック上の燃費は向上していますが、
今日現在の実燃費の差(2.7㎞/l)http://carlifenavi.com/enenpi/でペイするためには
リッター140円計算で26万キロ走行が必要で現実的ではありません。
またスカイアクティブ車はただのガソリン車のため、ハイブリッド車とは違って新味がないため
コスト高になっても新しさを求める人が選ぶハイブリッド車と第三のエコカーとして価格が安く燃費も良い
軽自動車との板挟みで存在感を示せていないと思われます。

【アクセラ編】
問題点2.アクセラはデミオと違いエンジン性能と燃費のバランスは良いのですが、
先にマツダの挙げたスカイアクティブの特徴の中で重要な
2.について前型エンジンのLF-VDS比で未達成です
最大トルクは 186<19.0>@4500->194<19.8>@4100 ->4.3% で未達成
燃費は 14.8(JC08)->16.2(JC08) ->9.4% で未達成
スカイアクティブアクセラが実現しているのは、3.だけです。
マツダの主張と実物は第二弾のアクセラでも違うようです。

【CX-5編】
問題点3.CX-5で「フル」スカイアクティブになりましたが。スカイアクティブGの特徴で
謳う内容を達成していません。(1.が未達成)
エンジンのスペックは2007年今から約5年前にトヨタが出したエンジン(3ZR-FAE)
に近づいています。しかし「フル」スカイアクティブが要求する「4−2−1排気システム」
これが乗用車の重要な要素であるスペース効率の悪化を招きました。

問題点4.マツダが社運をかけて投入してきた、クリーンディーゼルエンジン。
カタログ上の性能と価格は申し分ありません、市場での評価が待たれます。
が・・CX-5の取り扱い説明書に「渋滞の激しい場所(都市部等)では使えません」
と同じ意味のことが書いてあります。CX-5ディーゼル車のDPF再生動作ついての仕様(P.210-211)
また、ユーザーが使用可能なDPFの手動再生機能はないようです。

■スカイアクティブボディ
問題点5.
マツダのスカイアクティブ技術をすべて投入した「フル」スカイアクティブ第一弾のCX-5が発売されました。
中身をみるとスカイアクティブのグネグネした大きく嵩張る4−2−1排気管が後方に出ているため
http://air.ap.teacup.com/eburico/img/1297907336.jpg
エンジンルームがどうしても大きくなってしまい車内が狭くなり、スペース効率が悪化します。
発売されて間もない最新車同士でをくらべてみると(上:マツダのCX-5下:ホンダのCR-V)
http://mugetsu.sakura.ne.jp/cgi/updir/html/CX5toCRV_comparison2.htm...
一目瞭然で、CX-5のエンジンルーム(ボンネット)が大きく、同じサイズの車でも車内が狭くなります。
スカイアクティブの問題点は特殊なエンジンコンセプトから来るスペース効率の悪化にあります。
そしてこの問題はスカイアクティブ技術を採用するかぎり他の車種でも同じです。
スペース効率が重要となるミニバン、コンパクトそしてセダンではより大きな問題となるでしょう。

■まとめ
1.マツダのスカイアクティブG技術は「フル」スカイアクティブを謳うCX-5を投入した現段階で、
自社の日本語サイトで謳う技術内容の全てを実現しておらず、前宣伝と異なる性能の車を売っている。
2.「フル」スカイアクティブGの性能は、5年前の他社に近づいたレベル。
3.スカイアクティブDの説明書を見る限り、ガソリン車とは異なるクリーンディーゼル車特有の問題点、
(DPFの再生問題)を解決しておらず、低速走行や渋滞が連続すると入庫が必要となる仕様としている。
4.「フル」スカイアクティブ投入により今後マツダ車のスペース効率の悪化が予想されます。

質問した人からのコメント

2012/3/1 12:47:59

無駄に長文でしたので、ねぎらいの意味もこめて

「スカイアクティブ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ccf********さん

2012/2/2601:28:47

マツダの車が嫌いなのですかね?
好き嫌いは別にして一つの大きなメーカーが色々な味付けの車を出すのは無理です
他社と同じ様な車を作るのが得意なメーカーもありますが、マツダが得意なのはマツダらしい車を造ることです
マツダ以外のメーカーも含めてお互いが成長するための競争相手です
経営状態の話をする方もいらしゃいますがマツダが危なくなったら一番困るのは他の自動車メーカーです
プリウスはいい車で町中を走っていますが、RX7のような車も必要です(環境問題も含めて車の未来を考えた上で)

それとトヨタが思い出したように変な車を作るのはマツダのお陰です

kir********さん

2012/2/2502:01:22

ハイブリッドを出さないじゃなくて出せないんでしょう。
この間トヨタからHV技術を提携してもらったばかりでそんなにすぐに作れるはずがない。
HV技術自体特許関係で自社開発は難しく莫大な費用がかかるので提携するのは当たり前ですね。

それに同じリングに立ってないってどういうことでしょう?
デミオはフィットハイブリッドとよく比べられて雑誌にもVSみたいな特集もありますし、コンパクトカーとして同じリングでしょ?
アクセラはライバルはプリウス。
別に当たり前のことですね。

ハイブリッド車は日本とアメリカでしか売れてないものであり別に絶対なければいけないものでもないでしょう。
大きな市場である発展途上国がHVなんかわ求めていると思いますか?
欧州では相手にもされていませんね。
それは現にハイブリッドと同レベルの燃費を実現してるマツダが証明してます。

小さいメーカー小さいメーカーなりに独自路線なのは当たり前では?
マツダはトヨタと同じことはできませんよ。
もう少し大人の考え方をしてはいかがでしょう。

zoo********さん

2012/2/2323:53:07

マツダのこと無知すぎでしょ。
マツダ車の良さは乗ればわかるよ。
もっと勉強しな。

nek********さん

2012/2/2321:32:21

スカイアクティブエンジンについて勘違いしてるようなので、その説明をまずします。
スカイアクティブエンジンは既存のエンジン技術を使用し、
それをファインチューニングしているだけです。
思想的な意味合いで、「スカイアクティブ」と言っているだけです。
エンジンだけの進化という意味では、すばらしいかもしれませんが、
車のレベルで見るとたいした進歩ではないです。
完全にマツダの営業戦略に引っ掛かっていますね。
燃費が大幅に良くなっているのは、エンジンを始めAT、I-DM、i-stopなど車全体で
ファインファインチューニングしているからです。
このような事は、今のホンダやトヨタでは出来ません。(出来るけど、やる気無しでしょう。)
できるのはマツダか富士重工だけです。
それ以外の部分に関してですが、会社としての対応として考えるのなら、おかしいところは無いと思います。
昔のホンダも同じ様な事をしていましたよ。
ハイブリットの件では、経営者の立場で考えれば解ると思いますが。

マツダのファンは、他のメーカーの車に乗った上で比較して選択しているか、
又はデザインが気に入っている人が大半でしょう。
(但し問題点も多くある事も事実です)

まずは、車の出来に関して話をするべきではないでしょうか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

gra********さん

2012/2/2317:30:08

ハイブリッドは独自開発せず、トヨタから供与を受けると決定していますよ。
来年あたりには出てくる予定です。

それと…、独自技術で「消費者無視」「信頼できない」ってことはないと思いますけど。
まともに動作しない技術なら問題ですが、単体でちゃんと動作するなら、消費者にとっては問題ない。
後継エンジンが出ようがなくなろうが、それを気にするのはマニアくらいでしょう。
今ある独自技術を評価する人が買えばいいというだけのものです。

ま、売れていないと言う事は実際に評価されていないというより、イメージが悪すぎなんですけどね。

私は広島市に住んでいますが、地元の人でも冷めた目はしていますよ。
「売れてくれればいいけど、たぶんムリだろうね。ヨーロッパで売れるならいいんじゃない?」
地元でも、マツダの従業員以外はこんなもんです。

地元民としては、マツダのディーラーが地元で強気なのが許せませんね。
地元優先で、安く売るなら応援する気も出ますが、トヨタ等より値引きが渋いんじゃねえ。
しかも、他の地域では安売りで有名ですし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる