ここから本文です

コンデンサの故障 こんばんは テスターでコンデンサの故障を調べ...

ner********さん

2012/2/2321:31:42

コンデンサの故障



こんばんは




テスターでコンデンサの故障を調べるときはどのようにすればいいでしょうか?

閲覧数:
102,141
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2012/2/2509:24:01

電解コンデンサなど容量が大きければ抵抗レンジで充電して電流レンジで放電すれば良否をおよそ判断できる。
容量の小さいものは抵抗レンジで抵抗が無限大になることを確認する。
理屈を知っていれば、面倒だがコンデンサに抵抗を直列につないで交流を流し、こんでんさと抵抗の電圧降下を確認するとかなり確度の高い良否判定ができる。絶縁劣化は絶縁抵抗計で見るしかない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ant********さん

2012/2/2413:42:10

できること

・短絡チェック(絶縁チェック)
抵抗計で、メーターが降って∞に戻れば正常。(100kΩでも抵抗があれば不良とみなす)
0Ωなら短絡。

・簡易的なオープン(断線チェック)
高抵抗レンジでも、一瞬のメータ-の振れが無い場合は、断線か容量抜け。
ただし、uFオーダーのコンデンサで可能。pFでは、正常でもメーターが振れない。

・簡易的な容量抜けチェック
正常なコンデンサのメーターの振れる時間と、比較する。
容量が抜けると振れてる時間が短くなる。

コンデンサの種類、容量により特徴があるので、経験が多いほど判断しやすくなります。

耐圧やインピーダンス特性は、確認不可能です。

ipp********さん

2012/2/2323:28:30

・セラミックコンデンサは割れやヒビ入りつまり容量抜けかオープン。チップコンデンサも同じ。
・フイルムコンデンサはアルミシートのショート。
・電解コンデンサは、液漏れによる容量抜け。
まずは目視で膨らみがないか、もしくはコンデンサの頭の部分が膨らんでいるならパンク寸前。もし開いているならパンクしている。
次はにおい、なんか変んな臭いがするなら液漏れ。液漏れなら基板側もアルコールでふき取る。

ま、こんなもんかな。テスターでは容量は正確でないので、ショートしか点検できません。オープンはチョット無理ですね。

kor********さん

2012/2/2323:15:41

急激な故障では短絡状態になるので、両端をテスターの抵抗レンジで計り、抵抗が∞近くまで上昇すればOK。
ただ、電解コンデンサなどの寿命による故障の場合、容量が小さくなるだけの場合がある。これは容量を計ってみないと分からない。

容量計付きのテスターもあるので探してみてください。

jir********さん

2012/2/2321:40:42

コンデンサーの故障は通常は短絡状態にでなりますから低いレンジの導通で短絡の状況を測ります。
電解コンデンサーの場合は高いレンジの導通で測定して指針が振り切って仕舞えば其のコンデンサーは短絡して居ます。
指針が動いてゼロに向かえば其の電解コンデンサーは故障して居ません。
容量の大きい電解コンデンサーの場合は最初は短絡状態ですが充電が行われて充電電流が低下して行きますからこれは故障では有りません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる