ここから本文です

太平洋側で冬季吹く、空っ風や颪(おろし)と呼ばれる季節風は、

sar********さん

2012/2/2812:22:52

太平洋側で冬季吹く、空っ風や颪(おろし)と呼ばれる季節風は、

風上にある山(雪雲を遮る山)の標高が高いor低い場合では、どちらが強く吹くのですか? また、山岳から見て風下(平野部)が広いor狭いでは、どちらが強く吹く条件に当てはまりますか? 山の標高が低い方が直接、日本海側からの強風が流れ込む(風除け(山)が小さい)とも思いますし、標高が高い方が長い滑り台の様に風が加速し駆け下り強く吹くとも思います。平野については、狭いと海が近いので風が強くなりやすいとも思いますし、広いと障害物が無いので、やはり風が強くなりやすいとも思いますが、どちらが正しいと思いますか?

閲覧数:
371
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ele********さん

2012/3/418:30:25

あなたの考えは、概ね正しいと言えます。

ただし、全体的な風速は、山岳より手前がやや早く

乗り越えてきた風は少し速度が落ちます。

最高風速の発生地域は、乗り越えた山岳の麓が

論理的には、最も早くなるとは思います。

又、平野部での風速は、海に近いからというより

平野自体の広がり方、面積に影響を受けると

考える方が、妥当と思えます。

確かに、海までの陸上の障害物が多いほど

風速は低下しますが、「季節風」は、極地周囲を

高速で流れる「ジェット気流」に大きく由来するものですから

局地的には、変化しても、平均風速としては、極端な

違いは出ないでしょう。

質問した人からのコメント

2012/3/5 22:57:26

成功 質問に挙げた条件により各々、顕著な違いがあるかと思いましたが平均風速には、あまり違いは無いのですね!また、季節風は山を越えた麓が最も強くなるのですね。気になっていましたが教えて頂き、大変参考になりました。回答ありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる