ピクセル→ミリメートルの計算について

ピクセル→ミリメートルの計算について 解像度が1366×768のパソコンでは1ピクセルは何ミリメートルになりますか?

パソコン3,344閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

2

ピクセルはパソコン画面の色の点の数です。 1366×768のパソコンでは、横に1366個の点、縦に768個の点となります。 この点の密度が解像度になります。 単位は、dpi。1インチ当たりの点の数になります。 点の密度=解像度により、何センチになるかは異なります。 1366ピクセルを1インチ当たり300個の点の密度とすると、約115mmとなります。 ※きれいに印刷をする場合、解像度を300dpiとします。 以下のページで、解像度とピクセル数を入力すると、mmに変換してくれます。 http://www.size-info.com/pixel/

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

センサーのチップサイズのX-Y辺の長さが分からねば計算不のです。実際には機械的ダメージョを回避すり緩衝地帯があるので、目いっぱい画素を配列しているわけでもないので有効的な実際の辺の長さは短くもなります。 さらには1/2.33型とか1/1.7型とかの表示はチョンボで、昔のビジコン時代に無理やり性能を等価に換算した値で言ってますから、実寸を表す表示ではなくユーザーをおちょくった値です。 カメラメーカーのこのおちょくり体質で「ブラックリストも載る会社一歩手前です」。 私は冷ためでカメラーメーカーを見るようにしてます。 何せタヌキかキツネですからね根性は。 今更ビジコン換算で言われてもどうにかわかるのは70歳以上でしぃう。 辺が分かれば単純割算でいいんですが、これも実は大きなまちがいで、本当に重要なのは光を受光して電子を放出するダイオードの面です。CMOSは光を通さない金属配線が縦横に数多く走ってますから、35ミリセンサーでも見た目ほど光は受けてはいません。半分ぐらい配線でロスって、有効受光面積は半分もあるかないかでしょう。 35ミリセンサーでも裏面型にしたら受光面積はかなり増えるでしょうが、20万20万もする一眼レフでもやっていないことは、何処に20万30万の価値があるのでしょうかね。 とにかくカメラは伏魔殿の世界です。客が詳しくもないことをいいことにです。 ってことは、ホビーの究極者にもネットでカメラに詳しいものは皆無ってことではないでしょうか。今の、カメラの主はレンズだけで勝負した時代の申し子ですから、新技術であるセンサーや画像エンジンに着いていけるはずもななく、真の評価者はいないと思ってます。 このカテみてもわかるでしょう。レンズにはやかましい30~40年もの大ナマズはいても、センサーや画像エンジンになると借り手きた猫になる人が多いことは。

0

機種により異なります。 PCの仕様を確認するか、実際にサイズを計って計算してください。