ここから本文です

尊敬語と謙譲語の違いを教えてください

pot********さん

2012/3/422:33:26

尊敬語と謙譲語の違いを教えてください

閲覧数:
11,869
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2012/3/423:13:27

ある動作をした時、
その動作をした人に対する敬意を示すのが尊敬語。
その動作をうける人に対する敬意を示すのが謙譲語。

例 大臣、のたまふ。の「のたまふ」は、大臣が何か言ったわけだから、大臣に対する敬意。つまり尊敬語。
例、翁、大臣に申す。の「申す」は、 翁が大臣に何か言った。つまり言われた相手が大臣だから 大臣に対する敬意で謙譲語。

分かりにくいですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tre********さん

2012/3/518:14:16

動作の<行い手>に対する敬意を表すのが尊敬語だとか、動作の<受け手>に対する敬意を表すのが謙譲語だとかいうことで、動作で敬語を見極めようとするトンデモ説を、本気で信じ込んでるのが古文教師などに多いのですが、まったく見当はずれなことです。

もし本当にそうなら、尊敬したりへりくだったりする気持ちが「動作」だけに現れるということになり、動詞以外は敬語じゃないという理屈になってしまいます。

そんなことあるわけないじゃないですか。名詞や形容詞でも敬語はいっぱいあるんです。動作に関わらなくても敬語や敬語ですからね。そういう敬語を動作で見極めたら、敬語が敬語でなくなっちゃいますよ?

動作で敬語を見極める考え方は文法理論として破綻しています。

それだというのに、ひたすら動作にこだわって敬語を見極めようとする人々が、ここの回答者さんにも多くいらっしゃるようですが ・・・ ほんにまぁ、気が遠くなるような愚かしさ。

敬うのが尊敬語で、へりくだるのが謙譲語なんですよ。

こう言うと、例外があるだの、必ずしもそうとはいえないだのと、賢いつもりで反論してくる人がいますが、ちゃんと具体例を挙げて論理的に反論するのを見たことがありません。古文をろくに読めもしないようなのが、出来損ないの参考書を鵜呑みにして言ってるのでしょうから、マトモに取り合うことではありませんので、うっちゃっておけばいいことです。

なにもややこしくすることはありませんから、敬うのが尊敬語でへりくだるのが謙譲語という、世間並みで当たり前の考え方で、敬語を見極めるのが吉でしょう。

zat********さん

2012/3/504:21:49

定義

尊敬語:動作の<行い手>に対する敬意を表す

謙譲語:動作の<受け手>に対する敬意を表す


注意

よく、「相手を高める」のが尊敬語で、「自分がへりくだる」のが謙譲語だと説明されますが、必ずしもそうではないのでこの覚え方は十分ではありません。

こつは、「いつも同じ表現で思い出す」ということです。参考書などごとに微妙に表現が違うので、それで迷ってしまいしっかり覚えられないのです。今日から、上記の定義で覚えこんでしまいましょう!

kar********さん

2012/3/502:04:07

尊敬語は相手が上、
謙譲語は自分が下になる!

そういうことです!!

アバター

ID非公開さん

2012/3/423:32:26

尊敬語というのは、話題の人(動作をする人)を尊敬し、高める語。
謙譲語というのは、話し手(書き手)の行為をへりくだり、低める語。話題の人(動作を受ける人)に対して敬意を表す。

尊敬語は日常の会話でも用いることが多いので、比較的分かりやすいかと思います。問題は謙譲語です。これは尊敬語よりもわかりにくいかも知れません。

謙譲語は、話し手(書き手)の行為をへりくだり、低める語と言いましたが、そうすることによって相手に対する敬意を表します。

(例)

①(翁)「ここにおはするかぐや姫は、重き病をしたまへば~」
「おはする(終止形おはす)」は「あり」の尊敬語で、「いらっしゃる」の意。「翁」の、「かぐや姫」に対する敬意を表します。
「たまへ(終止形たまふ)」は尊敬の補助動詞で、「お~になる」の意。「翁」の、「かぐや姫」に対する敬意を表します。

②薩摩守馬よりおり、みづから高らかにのたまひけるは、~
「のたまひ(終止形のたまふ)」は「言ふ」の尊敬語で「おっしゃる」の意。「書き手」の、「薩摩守」に対する敬意を表します。

③霜月の二十余日、石山に参る。
「参る」は「行く」の謙譲語で、「参上する・参詣する」の意。「書き手」の、「石山寺」に対する敬意を表します。

④(世の人は藤壺を)輝く日の宮と聞こゆ。
「聞こゆ」は「言ふ」の謙譲語で「申し上げる」意。「書き手」の、「藤壺」に対する敬意を表します。

sak********さん

2012/3/422:43:50

謙譲語は「私」が目上の人にする動作を表すとき使います。
「私が先生に言ったところ」→「私が先生に申しましたところ」

尊敬語は「私から見て目上の人」がする動作を表すとき使います。
「先生が私に言ったところ」→「先生が私におっしゃったところ」

こんなところです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる