私の住む広島には、「宇品」「阿品」「温品」といったように、地名に「品」という文字が良く使われています。 他の地域にもあると思いますが、「品」にはどのような由来があるのでしょうか、

日本史5,026閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

6

6人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

むかーし、「温品」に住んでいました。子供の頃・・・。あんまりいいところじゃなかった。今は開発が進んで住宅地が増え、更に感じ悪くなった。回答になってなくスマン・・・。

1人がナイス!しています

1

地名に見られる~品の原義は「階段(状の地形)」を意味しています。古語辞典の「しな(品)」の項を見てみましょう。最初に、「段になって重なったもの、階段」の意味が載っていると思います。これが原義です。更に、古語辞典には「等級、種類、階級、家柄、品位、人柄、品物」の順で語義が掲載されているはずです。「階段」→「科目、等級」→「品物」と意味が抽象化して現在の意味が発生したのです。 他にも「信濃」(原義「階段状の野原」)や、信濃国(現在の長野県)に見られる「~科(シナ)」地名(例えば、蓼科、浅科、明科、立科、更科)なんかも同じ起源を持つ地名です。「シナ」と読ませる「級」の字を含む地名もあり、級、科などの字は原義を良く捕らえていることが判ります。 参考になる回答です http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1172074511 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413345169

1人がナイス!しています