ここから本文です

靴屋(靴磨き屋)が株式投資に手を出したら暴落すると聞いたことがあります。 ...

hid********さん

2006/5/2602:04:27

靴屋(靴磨き屋)が株式投資に手を出したら暴落すると聞いたことがあります。

実際靴屋が株式投資に手を出しているヒトをたまたま聞いてしまいました。

だから現在株価は低迷しているのでしょうか?

閲覧数:
4,986
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sp1********さん

2006/5/2606:47:50

それは1929年のニューヨーク市場の話でしょう。

某有名投資家が、街角で靴磨きを頼むと、
「旦那、何かいい銘柄ありませんか。
俺も儲けたいけどよくわからないから」
みたいな会話になって、
彼らまで株を買っているのか、こんなにシロウトが参加しているんじゃこの相場は限界だといって、すべて売り払ったところ、1週間後に大暴落が始まった、というエピソードです。

たしかガルブレイスの著書に載っていました。

今はそこまで過熱しているとは思えませんが。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ado********さん

編集あり2006/5/2607:40:03

故ジョン・F・ケネディ大統領の父親であるジョセフ・ケネディが靴磨きの少年が株の話しをするのを聞いて暴落の近いことを感じたので手持ち株を売り払い、1929年の暴落を避けることが出来たという逸話のことでしょう(参考リンク)。

別に靴磨きの少年でなくても株がブーム化して株とこれまで全く無縁だった人たちが大挙して株式にクビを突っ込みだしたら危険信号とは言えるでしょう。

実際に以前のバブル崩壊の直前にはテレビのワイドショーにまで株式評論家が登場して推奨銘柄を紹介する様になっていましたし、井戸端会議で刺激されたオバサンが定期預金を解約したお金を持って証券会社に駆け込んで「あいてぃー株」というのを買ってくれと(つまりIT株というのが何なのか、どんな銘柄があるのか全く分かっていなかった)注文したとか恐ろしい状態になっていました。長谷川慶太郎とかイケイケ・ドンドンのインチキ株式評論家やNTT株を高値で売りたい政府までがバブルを煽っていましたから酷いものでした。

去年からの株ブームはそこまで過熱しているとも思いませんが、ホリエモンに騙された人などがライブドアを始めとする新興株で短期で大儲けしようなんて群がり、知恵袋にも「あいてぃー株のオバサン」を笑えない様な人たちの質問が増えていた状態はやはり危険信号だったと思います。

長い目で考えるとある程度の調整・低迷の局面はむしろ良いことかもしれません。下手に上昇相場が続いて株は簡単に儲かるなんて勘違いする人が増え、「靴磨きの少年」や「あいてぃー株のオバサン」が増えてしまうと株価は実体経済と離れてバブルの度合いを深め、その後の下落はもっと悲惨なものになるでしょうから。
http://j_coffee.at.infoseek.co.jp/tsure31.html#manhattan2

vev********さん

2006/5/2606:06:01

>靴屋(靴磨き屋)が株式投資に手を出したら暴落すると聞いたことがあります。

私は初めて聞く言葉です。

主婦が証券会社の店頭にいるようになると天井だと聞いた事はあります、素人が株に手を出す頃はもう相場もお終いと言う意味と同じではないでしょうか。

でも今の相場はまだまだ上があると思います、昨日は大底で今日から反発するでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる