ここから本文です

高音を出す方法。 僕は高校2年生の男です。 自分は低い声しか出なくカラオ...

son********さん

2012/3/721:25:14

高音を出す方法。

僕は高校2年生の男です。
自分は低い声しか出なくカラオケもほとんどの曲が歌えません
高音が出るボイトレを教えて下さい。

文章下手ですいません。

閲覧数:
32,088
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nen********さん

2012/3/1022:10:39

裏声の効果
ボイストレーニングでは裏声を使った練習をよく行ないます。
地声の練習よりも先に、裏声の練習をしたほうがいいと考える人もいるくらいです。

高い声を出すためには、その感覚や音の響かせ方を体で覚えることが大事です。
裏声で高い声を出していると、この感覚が身に付くようになります。
この感覚が身に付くと、地声でも高い声が出やすくなるので、ぜひ皆さんも裏声の練習をしてほしいと思います。

それに高い声で上手に歌うには、地声が全てでありません。
裏声を使う場面は多く、裏声と地声の切り替え方も重要なポイントです。
こういったことも裏声の練習が必要だと言われる要素だと思います。


裏声の練習
1曲全て裏声で歌いましょう。
もちろん、好きな曲で構いません!
1曲歌うだけでも、かなり効果的だと思います。

また、歌わずにしゃべるだけでもOKです。
目玉のおやじや安田大サーカスのクロちゃんのような高い声でしゃべってみましょう。


喉を開くとは?高い声の出し方との関連性
高い声を出すための方法を色々とご紹介していますが、今回は「喉を開く」ということに着目してみたいと思います。
皆さんお分かりでしょうが、喉は発声にとってとても重要な部分です。

高い声が出ない人は、ほとんどがお腹からではなく喉の奥にある声帯だけで声をコントロールしています。
喉を開くと、たくさんの空気をお腹まで取り込むことができるようになり、高い声も出しやすくなります。

しかし喉を開いて歌えと言われても、具体的にどういう意味なんだろう?という方もいらっしゃると思います。
まずは、喉を開く感覚を覚える為に、口を大きく開けることが効果的です。
息を大きく「スーッ」と吸ってみて下さい。
この時、喉がひんやりしませんか?
吸い込んだ空気が喉を通っていくからです。
このとき喉は開いていますので、何となく感覚を覚えて下さい。

次に鏡を見てみましょう。
喉の奥を広げたり、縮めたりすると喉ちんこの位置が変わります。
喉が開いている時には喉ちんこが下がっているのがお分かりですか?

「あれ?下がらないよ…。」という方は、顎を引いて、あくびするような感じでやってみて下さい。
大きく口を開けすぎると、かえって上手くいかないかもしれません。

ちなみに、喉を開かないと高い声が出ないというわけではありません。
高い声を出すことは可能ですが、歌うとなると話は別です。

高い声でキレイに歌うなら、やはり喉が開いた方がいいです。
まずは鏡を手に、喉が開いている状態を確認して、その感覚を覚えましょう!


どういった運動をすると効果的?おすすめの運動法
筋力トレーニング
1.まず、仰向けに寝ます。
2.息を吐きながら、腰を浮かさずに足を30度ぐらい上げます。
3.今度は行きを吐きながら、ゆっくりと足を元の位置に戻します。
これを20回~30回繰り返して下さい。

ヨガ
1.あぐらをかいて座わり、背筋を伸ばします。
2.お腹に手をあてます。
3.お腹を思いっきりへこませながら、鼻で息を吐き切ります。
4.お腹の力を抜き、ポンと膨らませて空気を入れます。
これも1度に20回~30回行いましょう。
必ず、お腹を引っ込める、膨らます、の動きが出来ているか確認しながら行ってくださいね!


ミックスボイスとは?高い声の出し方との関連性
ミックスボイスとは、発声技法のひとつで、発声方法、歌い方、声種を指して使われています。
ミックスボイスを使えば迫力のある大きな声を出す事ができます。

具体的に説明すると、ミックスボイスとは高い声を出すときに意識的に呼気を多くして、息を混ぜ気味にすることです。
とても柔らかい声色になり、声の裏返えりを隠すことも出来ます。
「ただの裏声?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、裏声とは全然違って声量があり迫力のある発声方法です。

高い声を出そうとすると、声門の閉鎖が急に弱くなってしまいます。
そうすると音が不安定になり、高い声も出しづらくなります。
また、声帯が閉まった状態でも呼気が少ないと声が裏返ってしまいます。

皆さん、高音域にくると声が出なかったり、裏返ったり、音が不安定になったりと、気持ち良く歌えなかった経験をお持ちだと思います。
こういったことを避けるための発声方法がミックスボイスです。

意識的に息を多く混ぜたり、柔らかく軽めの声で歌うなどして、過剰な声門閉鎖を避けて歌います。
ミックスボイスをマスターすると、音域を広げがって高い声を出すことが出来るようになります。
弱々しい裏声の歌声から開放され、歌唱力がアップします。

「じゃあ、早速ミックスボイスをマスターするぞ!」といきたいところですが、習得するのはなかなか困難です。
ボイストレーニングで身に付けることは可能ですが、すぐにとはいきません。
完璧にマスターするとなると、かなりの時間がかかるでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「高音 出し方 男」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる