ここから本文です

子供の自転車通塾の安全について、本当に悩んでいます。お知恵を貸して下さい。

yey********さん

2012/3/1117:46:46

子供の自転車通塾の安全について、本当に悩んでいます。お知恵を貸して下さい。

息子(4月から小2)は、自宅から1,5キロほど離れた塾に、自転車で通っています。
片道、子供の自転車で12~3分かかります。徒歩ですと35分です。
バス、電車はありません。

比較的、安全な道です。3メートル以上の歩道ですので、そこを通ります。
一度左折し、後は直線です。人通りも多く、誘拐などの心配も無いところです。

塾の時間帯は17-19時。冬はやや暗くなる時間です。

一年生のうちは、私が先導する形で、2台並ぶ形で、自転車通塾を送迎しておりました。
4月から2年生で、私が仕事を始めるため、一人で通わせる予定でした。
そのため、ここは注意して、などと教えながら一年間、送迎し、これから一人で行ける、
と思っていた所でした。

ところが、先日、塾の帰り(19時なので暗い時間)
私と子供がいつも通り自転車で走っており、息子の後ろに知らない人の自転車(Aさん)が連なり、3台が一列に並んで
道を走っていました。

歩道を青信号なので、ゆっくり発進し、通っていたところ、
左折車が突っ込んできて、息子の後ろの自転車Aさんが引かれました!

私はすぐさま自転車から下り、その知らない自転車Aさんが大丈夫か確かめ、
その車を運転していた女性(30代半ば)の人に「あなたが悪い!ここはどちらも青だけど、歩道が優先だ!」
と私が叱責したのですが、その運転していた女性は、まったく自分が悪いと気づいてなくて、
「青だから左折した。子供が飛び出したからびっくりして急ブレーキをかけた」
などと、ちんぷんかんぷんな事を言っていました。
この女性は、恐らく、運転初心者か、ペーパードライバーで久々の運転か??
だと思います。

幸い、その後ろの自転車の方は、擦り傷なと軽症でしたが、
この一件から、子供だけで自転車で通塾させるのが怖くなりました。

一体、どうすれば良いでしょうか。
子供の自転車には、ライトを前後に付け。子供も反射テープをたすき掛けし、
リュックにもたすきがけしています。
交通のルールは教え込みました。

4月から私が仕事に行くことは決まっているので、どうしようか、途方にくれています。

有料の人材センターの人に車で送迎も考えましたが、お金がかかります。
同じ塾のママ友にお願いすることも考えましたが、迷惑をかけるし、陰で何を言われるかわかりません。
別の日曜の塾に転塾も考えましたが、それは最終手段です。
どうすれば、安全に、私も安心して、自転車で通塾させられるでしょうか?
よろしくお願いま

補足ご回答ありがとうございます。100パーセント安全は無理ですよね。確かに、外に出ないようにする、
家庭教師や、日曜の塾に転塾する、低学年は大手塾のWEB授業にする、など、今頭をよぎっています。
4年生から大手塾に電車で通う予定なので。。
大切な息子なので。「君子危うきに近寄らず」じっくり考えて見ます。ありがとうございます。

閲覧数:
1,826
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gin********さん

2012/3/1118:38:14

くれぐれも、気を付けるように指導することと…

とにかく、目立つこと。

反射テープのたすきはとても良いと思います。
加えて、

ヘルメットに反射テープを貼るのも良いですし、LEDライト付きのものもあります。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%AD-RASCAL-SILVER-%E3%82%B5%...

前後のライトはできるだけ大きく、目立つものに
車輪のスポークにつけるライトは目立ちます。
大人は、少々恥ずかしいのですが、お子様はむしろ喜ぶのではないでしょうか。
http://www.monkeylectric.com/m132s_gallery.htm
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%89%E3%82%8B%E8%BB%8A%E8%BC%AA-%E3%83...

昼間はライトの効果もないので、できるだけ明るい色の服装。
ジャケットやリュックは、蛍光オレンジやイエローが理想です。
海外の自転車通勤者などは良くそういう服装をしていますね。

質問した人からのコメント

2012/3/12 11:35:44

具体的な案を出して下さった方で。スポーク等付けてみます。有難うございました。私は車の運転もします。車の送迎は子供のために(体力的)ならないので、自転車を選んでいます。今回の運転手は私の息子には気づいて、3台目の黒っぽい格好の人に気づかなかったのです。3台も自転車がどんどん来る歩道を突っ込む自動車の運転手がオカシイ。一人で行かせるのは見合わせます。送迎する際、このような対策をしたいと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

agn********さん

2012/3/1201:47:07

質問者さんは車を運転される方でしょうか?
周りの明るさ等にもよりますが、夜の自転車は見えにくいものです
その為、安全運転する意識の低いドライバーだとちゃんと確認をしない為、見落として右左折をし、はねられる恐れがあります
それを防ぐには、見落とされないよう目立つ自転車にする事です
例えばどんなやり方があるか、箇条書してみます
・前照灯を明るい物にする、または二つ以上にする
・テールランプを付ける(サドルの下、シートステーの両方に付けるととても目立ちます)
・スポークにリフレクターを付ける(多いとなお良い)
・バルブ(タイヤの空気注入口)に被せる反射材、もしくはバルブライトを付ける
・ファイバーフレアをフレーム下等に付ける

自分は上記の項目を網羅した自転車に乗っているのですが、遠くからでも目立ち、ドライバーも早めに気づくので交差点等では必ず先を譲ってくれます
また追い越して行く時大きく避けてくれます

yam********さん

編集あり2012/3/1120:50:48

横断歩道を自転車で渡ろうとして車にはねられる子供は多いようです。自動車のドライバーから見て、歩道を走る自転車はあなたが思うよりも速度があり、右左折しようとした時にドライバーが「渡ってこない」と判断して曲がり出しても、自転車には気付かないケースが多く、横断歩道を自転車に乗ったまま渡るとこのような危険があるのです。
また、横断歩道が赤信号で信号が青になるのを待っていて、青になったからと漕ぎ出す時には左右の確認が全くできない状態になるので、自転車側からも自動車の発見が遅れやすいこともあると思いますし、
信号が青でも無理に渡らないように教え、曲がってくる車が多いようなら信号をひとつ待つぐらいでいいと思います。

ですから、歩道を通る時は歩道の切れ目では右左折車に注意し、横断歩道は自転車から降りて渡るように教え込む必要があります。
自分からは見えていても「相手から見えていない」ことがあることも教えて下さい。

命を失ってから「相手が悪い」と叫んでも意味がないです。

nak********さん

2012/3/1119:22:00

どうやったらって、弱者である限り100%の安全はあり得ません。

まず、自転車で歩道を走って、脇から飛び出してきたクルマに跳ねられて車道に転落する事故は日常茶飯事です。
また横断歩道を渡ってきた自転車をストレートに跳ね飛ばす事故も都内では日常茶飯時です。
もちろんこれは、クルマのほうが圧倒的に悪いのですが、実際には自転車のほうで注意していれば防げるのも結構あります。

脇から道路に出ようとするクルマで、飛び出す気満々の運転者は顔を見れば7割の確率でわかります。
横断歩道を渡るときも、待ち切れずに「チョイ前進、チョイ前進」を繰り返すクルマがいたら、必ず運転者の顔を見ます。

歩道と脇道が交差する場所には、大抵カーブミラーが設置されています。それをチェックすれば漫然運転で飛び出してくるクルマを事前に確認できます。

そうやって細かい所までチェックして自分が轢かれない努力をするのが大人ですが、中学生以下に同レベルの注意力や運転技術を求めるのは困難でしょう。
そうでなくても、クルマやトラックの運転経験がなければ、危険予測は難しいと思います。

自転車でなくても、身長が低い子供が一人で歩いていたら事故に巻き込まれる確率は高いです。
例えばクルマが歩道をバックで横切るとき、リアガラスから後方を見て、大人なら発見できますが背の低い子供は見えません。
バックカメラでモニターを使えば見えますが、そんなモノがついてるのはトラックやバスくらいで、普通の乗用車には付いてません。

にも関わらず、歩道に面した駐車場に前向き駐車して、出るときは歩道をバックで横切る人が多いのです。そこに子供がいたら轢かれます。

コンビニ駐車場内で、前進とバックを繰り返しながら車庫入れするクルマがいます。運転経験がある人なら、そのクルマがどこで切り返して、どっちに進むのかわかりますが、子供にはわかりません。
だから、子供はどっちに避ければ良いのかわからず判断ができません。適当に避けたらクルマの進路上と重なってしまい事故るかもしれません。

まぁ、こういうふうに100%の安全はないので、弱者は常に360度の視界で一層の注意をしなければ自分を守れないんですが、それは運転経験がある大人だから、気を抜いても良い場所、特に注意しなければいけない場所がわかります。しかし子供にはわかりません。じゃぁ四六時中「特に注意しろ!」と教えても無理です。

安全な方法は、強いて言うなら上記で書いたようなプロドライバー同様の危険予測で自転車に乗るしかありません。しかしそんな事が中学生以下でもできるなら、中学生以下に運転免許を与えてもいいと思います。
しかしそれはできないでしょう。かなり難しい問題です。

極めつけは下URLのベストアンサーみたいな解答しかできません。ww
これは私の回答ですが。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1152589331

プロフィール画像

カテゴリマスター

MAXさん

編集あり2012/3/1123:31:04

①塾の時間帯を早くする。


「もう帰りましょう」のアナウンスは、冬季16:30、夏季18:00 春秋季17:30

大抵は、この様に暗くなる時間帯で、アナウンスをして知らせます。


ですから、出来れば~17時、遅くても~18時を、塾の時間としましょう。

小2に今度なるのですから、1人通いなら、これは最低限必要な事です。



②家から出なくて済む、家庭教師にする。

これなら、送迎のお金より安く済むので、お勧めします。

小2なので、外で通う心配も解消出来るのが、最大の利点です。


家庭教師のトライなら、あまり高くないので、参考↓にして下さい。

http://katekyo2007.web.fc2.com/contents/cost.htm

代表取締役社長が、元女優の二谷友里恵さんなので、安心感もあります。



③自転車走行の仕方を、きちんと教える。

暗い時の、子供の自転車や、子供に反射テープなどは、そのまま続けましょう。


一番役に立つのは、空気入れの所に、これ↓を付けて下さい。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/dgmode/gcbyalg6led501.html


これは、1本500円前後で売ってますので、せめて後輪だけでも付けましょう。

出来れば2本購入して、前後に付けて、横の危険を少なくするのが理想です。


そして、横断歩道は歩いて渡るが、自転車の交通ルールです。

これも夜の暗い時は、100%守れる様に、うるさく指導して下さい。


その代わりに、横の光るタイヤにしてあげると言えば、大丈夫でしょう。

守らない時は、「もうこれ取るからね」と言えば、大抵は従いますよ。


どれを選ぶかはあなた次第ですが、転塾するよりは家庭教師です。

本来なら、帰りだけでも、一緒に帰るれるのが良いのですが。。。


算数はこれから九九を学ぶので、それ位は親が教えて、後は家庭教師。

私が親だったら、夜の1人自転車は3年生からで、こう考えます。

そして3年生になってから、1人塾通学をさせる事を、考えますよ♪



【補足について】

確かに大人でも、100%の危険を回避するのは、難しいです。

しかし、はじめてのおつかいの様に、大人に近づける為の躾も必要です。

どこから大人扱いするかも、物事によっては、難しいのです。


しかし、ある程度の危険は承知で、それを育てる躾も必要です。

4年生から大手塾に、電車で通わせる予定、と言うのは子供の意見ですか?

もしこれが親の意見なら、今は考えないで下さい。


今現在なら、親と子の意見を尊重しますが、先の事は希望と思うべきです。

まだ今度2年になる子供にとっては、この2年間は、かなり別世界なのです。


小学卒業し、中学卒業後に、その小学校を見に行くと、違和感があります。

これは大人以上に、子供の成長が早いので、小さく見えるからです。

たった3年間かも知れませんが、子供にとっては、こんなに違うのです。


大人の感覚の危険と、子供にとっての危険も、全く別物です。

いくら大人が注意しても、それを破るのは、この感覚が違うからです。

大人のモラルが理解出来ない反面、子供の世界では、危険でないのです。


親の理想が公務員でも、子供の理想はスポーツ選手。

この様な状態なら、親の教育方針と、子供が考える理想が、かけ離れてます。

この状況で、親の意見を押し通しても、子供は半分は聞いていないのです。


これはその部分の事だけでなく、安全危険の部分でも、聞いてないのです。

それどころか、箸の持ち方から、買い食いに至っても、聞いていないのです。

親がダメと言うと、何故かそれを従って困るのは、ここに理解がないからです。


あまりにも遠い将来は、子供にとっては、根拠のない理想なのです。

そんな根拠のない理想に、1年後や2年後は、子供にとってどうでも良いのです。

子供にとっては、今~明後日程度が、現実として思える時間なのです。


大人になると、何故かこの部分を忘れがちですが、自分が子供の頃は当たり前。

これを少しでも思いだして、子供にっせしない限り、躾は不十分に終わります。

子供と仲が悪くなるのも、人生の先輩なら少しは理解してが、再重要なのです。


まずは子供に意見を聞いて、どれが良いかを選ばせる。

その選んだ順位の中で、あなたがこれなら許せるを、一緒に考える。

安全危険も含め、子供が学びたくなる心を見出して、そこから躾をしましょう。


子供はあなたのロボットではないし、あなたの子供時代と同じなのです。

そして考え方も違いますが、自分が子供の頃には、こんな事もあった。

これを照らし合わせながら、子供の意志も尊重して、相談するべき問題です。


その結果、今の塾に行き続けたければ、危険よりも安全を教えましょう。

「危ないから気を付けなさいね」ではなく、「絶対に安全にしてね」で良いのです。

言ってる事は同じなのですが、相手がとる印象はまるで違うのです。


恐らく信用の違いですが、信用がないから心配より、信用してるけど念の為。

これは大人以上に、子供は過敏で、この差は正反対くらい、違うのですからね♪

sdk********さん

2012/3/1118:02:42

あなたのお気持ちは良く解ります。
お子様に、信号が青だろうが赤だろうが突っ込んでくる、道交法、ルール、マナー、常識の無い者等、ならず者がたくさん居ることを良く教育し完全に車が停止するまで渡らせない、(車が来る、来そうな場合)しかないでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる