ここから本文です

至急!抵当権抹消について教えてください 30年前に土地を担保に100万、銀行か...

noj********さん

2012/3/1311:06:33

至急!抵当権抹消について教えてください

30年前に土地を担保に100万、銀行から借りました。 既に返済済みですが、抵当権が今も残っています、 銀行に問い合わせると、書類は送ってあるので そちらで手続きしてくださいとの返答でした。 そんな書類きた記憶も無いし 探しても無いです。 きていたとしたら 直ぐに抹消の手続きはしているはずですが、 この場合 どのように抵当権の抹消をしたらよいですか? また銀行には何の過失もなく すべて自分が悪いのでしょうか?
宜しくお願いいたします

閲覧数:
469
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hak********さん

2012/3/1321:41:04

まず、登記済証/登記識別情報の再発行手続きなどというものは存在しませんので、抵当権抹消に必要となる書面の一部が存在しないこととなります。

銀行(抵当権者)からは抹消の原因を証する書面と、委任状と、資格証明書(代表者事項証明書・履歴事項証明書・現在事項証明書など)が最低限もらえますが、登記済証/登記識別情報が不足しますので、代わりとなる特殊な手続き方法を行う必要があります。

一つは、司法書士に依頼して、その司法書士が登記済証の代わりとして利用できる「本人確認情報」を作成し、その司法書士自身が登記申請する方法です。
この場合は司法書士に依頼しなければなりません。(弁護士でも可能です)

もう一つは、登記済証/登記識別情報なしで登記申請を行い、登記所から抵当権者への確認通知を送ってもらう方法です。
確認通知を受け取った抵当権者が、再度登記所へ「登記申請に間違いが無い」ということを回答すれば登記が無事受け付けられると言う方法です。

いずれにしても金融機関の協力が無ければ登記できませんので、「登記に必要となる書面を紛失したこと」、その上で抹消登記に協力して欲しいことを伝えて、銀行に何らかの対応をしてもらうこととなるでしょう。

なお、銀行がnojioji15さん側に書類を渡したという記録が残っているはずです。
郵送であればいつどのような方法(おそらく簡易書留)で送ったのか、直接渡したのであれば、いつ誰が受け取ったのか、と言う記録があるはずです。
但し、いつ返済したのかがわかりませんので、古い話だと記録が既に廃棄されている可能性も考えられます。

過失云々という点については、銀行に資料が残っているのであれば、どちらがどうであったのかわかるでしょう。
ですが、nojioji15さんが自分で費用を出して抹消登記をするしかないと思われます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/3/1311:19:38

まず、銀行に再度連絡してみて、必要書類を再発行してもらえないかどうかかけあってみてはいかがでしょうか。銀行から提供してもらう必要のある書類は概ね以下の通りです。
・借金の返済が完了していることを証明する書類(「弁済証書」とか「返済証明書」とか「解除証書」とかこんな感じの書類)
→これは登記申請時に提出する「登記原因証明情報」に該当します。
・登記識別情報 または 登記済み証
→今から再発行をしてもらうと登記識別情報になっているかな?
・代表者事項証明書
→銀行の代表者資格を証明する書類で、銀行が法務局に申請して発行してもらう物です。
・委任状
→銀行が、「あなた」に抹消登記の申請を委任しましたよ…という書類です。

書類には有効期間(申請の時点から遡って3ヶ月以内に取得したものに限る)があるものが含まれていますので、銀行から書類を受け取ったら速やかに申請を行わなければなりません。

なお、登録免許税として、手続きの際に不動産の物件1件につき1000円かかります。土地+家なら2000円です。

抵当権の抹消登記について突っ込んだご質問とはあるようでしたら、最寄りの司法書士さんにご相談されるべきかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる