ここから本文です

仏壇って必要なんですか?

waaniwaniwaniさん

2012/3/1800:55:37

仏壇って必要なんですか?

どうしていいか心の踏ん切りがつきません。
どなたか、アドバイスをお願いいたします。

仏壇って必要なんですか?
母が約10年前、父が約5年前に亡くなりました。
残ったのは姉、弟の2人兄弟です。
葬儀は父の宗派であった浄土真宗(西本願寺派)で行いました。
父が母の位牌を作っていたので、父が亡くなった時も母父一緒の位牌を作りました。
その位牌は長男である自分が持っています。


自分(弟)は無宗教です(おそらく姉も)。
現在、仏壇は無く、位牌はリビングに置いてあります。
特にお供え物とかはしていません。

その状態を姉に「酷い」と酷評されています。

正直、親であれ、友人であれ、人は亡くなったら心の中にしか存在しないものと思っています。
要は、位牌だの、遺影だの形にして残すことに意味など無いと思っています。
(思い出す回数をより多くするという意味合いでは、形を残すこともあるとは思いますが)
思い出す回数をより多くする=感謝。ということなのでしょうか?
もしかしたら、自分は罰当たり者なのかな?ともたまに思います。
それならそれで、罰当たりものでもいいとも思っていると同時に、父母に安らかにお休みください。こんな罰当たり息子でごめんなさい。とも思っています。

位牌を仏壇に入れてないことは、よくないことなのでしょうか?
実際入れていないので、現在の自分は容認していることになりますが、
姉に「酷い」と酷評されるたびに、ふと、両親を思い出した時に、
心のどこかで、これでいいのかな?と小さな疑問符を残しています。

もし、自分が死んだら、妻に食べられようが、剥製にされようがどうでもいいと心から思っています。
位牌とか、お墓とか、戒名とか、ほしくありません。
一緒に暮らしていた家族、一緒に遊んだ友人、苦楽を共にした仲間たち。
その人たちが生きている間は、たまに心の中に登場することはあっても、
その人たちが亡くなれば、自分を思い出す(もしくは想像する)人たちもいなくなります。
位牌、お墓、が残ることで、自分の存在を残すことにとても違和感を感じています。

もしかしたら、投げやりに受け取られるかもしれませんが、
自分では投げやりなつもりはありません。

仏壇は必要なのでしょうか?
自分の思い(考え)は、罰当たりなのでしょうか?

閲覧数:
42,167
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hoshu_kishaさん

2012/3/1801:12:06

罰当たりではありません。
質問者さんは理性的だと思います。



さて、そもそも、開祖のブッダは、これらの儀式作法などには意味がありませんよ、と言った方です。
あらゆる盲信を離れなさい、自然の法則をを観察しなさい、ということだと思います。


私も、死んだら野山に骨をばらまいて貰いたい人です(笑)
本当のしあわせとは、何でしょうか。。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「仏壇は必要か」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

amitayus21さん

2012/3/2123:12:49

罰当たりではないでしょう。いっそのこと、位牌も無くされたらどうでしょう。浄土真宗には、本来位牌は存在しません。なので、逆に位牌があることの方がおかしいのです。貴方がそう思われるのでしたら、それで良いでしょう。位牌があるから迷うのです、無ければ考えなくて済みます。貴方の心にいらっしゃるのであれば、問題はないと思います。形にこだわる必要はありませんね。貴方が生きた痕跡も必要ないのでしょうから、何もない方がよろしいのでは。迷う必要はありません、すべて無くしてしまいましょう。お供えもしないのなら、余計に無駄です。ちなみに私は浄土真宗の僧侶ですが、私の檀家さんに尋ねられたら、別の言い方をします。貴方の場合は、何もない方が良いと感じました。この世はあなたお一人で生きてるとお思いでしょうから。つながりも必要ないでしょう。

2012/3/2113:30:40

罰当たりではありません。また必要と考えない方もいらっしゃいます。
ボクは必要と考えてます。手を合わせるのは日本人にすり込まれた習慣です。そこから先祖、まわりへの感謝を覚えていきます。また子供たちにも人やご先祖の感謝を学ばせれると考えます。
死んだら終わりではなく、死から学んでいくものの一つに仏壇があると思います。
ちなみにお墓は故人の居場所。仏壇は故人を含めご先祖様の居場所ではないですかね。

khoshoinさん

2012/3/1822:29:36

浄土真宗の仏壇はご本尊(阿弥陀仏)をお迎えするためのものです
門徒(信徒)は各家ごとに仏壇を持ちます
兄弟、子供が独立して別の家に住めば、そこで仏壇を持って阿弥陀様をお迎えするということです

亡くなった人は過去帳に記入し、命日などに偲び生きている人が法に出会うということになります
ですから、位牌は作りませんし、作らないから仏壇に入れて祀ることもしません
亡くなった人を供養(追善供養)することもないです

あくまで、本人が南無阿弥陀仏と称え阿弥陀仏に帰依すれば
阿弥陀仏に極楽浄土に往生(往きて生まれる)させて頂く
ですから、極楽浄土で諸仏になられているので供養の必要がないのです

で、貴方のお父様が位牌を作っておられたということですが
お父様はご自分の宗派について、どういうお考えだったのかがわからないのですが
浄土真宗の門徒でも必要だと思って位牌を作る人もありますし
生前に南無阿弥陀仏と称えておられれば浄土に往生されています

貴方のご両親は浄土から阿弥陀仏と一体になって貴方を照らしてくださっています
貴方は宗教に関係なく、強く楽しく人生を送ればいいのです
それがご両親の望んでおられることです

浄土真宗の仏壇を持つということは
本山からご本尊(阿弥陀様)お迎えして
浄土真宗の仏教徒として念仏者になることです
ですから、貴方が仏教徒でないのですから仏壇は必要ないです
仏教に関係ない位牌も必要ないです

こちらを参考にしてください↓
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/4022/

2012/3/1803:13:53

宗教的に見て
位牌があって、仏壇が無いのは悲しいですね。
故人を思う気持ちや先祖に感謝する気持ちに
形はありませんが、礼を尽くすという気持ちには
形式や形があると思いますよ。
心のどこかで「罰当たりな事をしている」と
思うのであれば、仏壇や先祖供養といった形が
必要ではないでしょうか?
宗教も供養も必要ないと思うのであれば位牌も
必要ないのですからゴミ箱捨て家庭ゴミとして
処理すればいいだけの事です。
供養するという気持ちがあるのなら気持ちを
形で表すのも供養です。
今は若いので理解出来ない事も多いかもしれませんが
それなりの歳をとって「酷い事をしてしまった」と
後悔するよりは、ご両親、ご先祖様を供養なさった方が
心も安らぐと思いますよ。

chakaran99さん

2012/3/1802:56:25

私の考えですが…
宗教や仏壇、お墓参り等は故人のためにするものではなく残された遺族が自分たちの心の寄りどころとして自分たちのためにしているものだと思います。


あなたはあなたの思うようにされるのが一番あなた自身が救われるのではないでしょうか
お姉さまがひどいとおっしゃるならば、お姉さまにあなたの考えを伝えて位牌を預けお姉さま自身が一番納得のいく形にされれば良いと思いますよ




私も人間死んだらおしまいと考えているので、できるならば臓器はすべて提供し、役に立つならば献体したいです。


私のためのお墓や仏壇もいらないと考えています。
…が、それは残された者が考えることなので夫や 子ども達が私の仏壇やお墓で手を合わせたりすることを必要とし、それで救われて気持ちが楽になるのならばそれを否定するつもりもありません

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。