ここから本文です

ドイツ車はボディ剛性が高く、日本車は到底及ばないとのドイツ車カルト信者の意見...

nik********さん

2012/3/1812:49:37

ドイツ車はボディ剛性が高く、日本車は到底及ばないとのドイツ車カルト信者の意見がありますが、

アウトバーンのあるドイツと180KMも出せない道路状況の日本じゃ設計思想が違うのは当たり前じゃないですか?

ドイツより面積が狭く、人口が多く更に7割が山脈の日本ではドイツと違い渋滞も遙かに多く、
更に四季もはっきりして、湿気も多い日本において、
この厳しい環境に最も強いのは日本車であり、この状況下において耐久性が高いのは圧倒的に日本車です。

ドイツ車みたいに車そのものの魅力、性能の高さでは無いかもしれませんが、
こんな困難な道路状況下でも、ノートラブルで走れる日本車は凄いと思います。

ドイツ車の超高速域での自動車設計は素晴らしいものではありますが、
直接的な魅力では無いかもしれないですが、ここまで壊れないクルマづくりの出来る日本車も同等以上の凄さ、ポテンシャルの高さがあると思います。

ただ日本の自動車メーカーにはドイツ、ヨーロッパでも戦える高速域でも安定するクルマづくりをして欲しいとは思いますが、、、
そうすればアメリア、カナダ、ロシアでももっと売れるのに

閲覧数:
47,301
回答数:
11
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e60********さん

2012/3/2017:53:58

おっしゃるとおりです。日本車は日本市場に向いた車づくりがされています。一方,ドイツ車は,日本で使うにはオーバースペックです。

●ドイツ車はトラブルが多いのか?
日本は四季の温度差変化が大きく,しかも梅雨と降雪があります。このような気候条件はたしかにめずらしいことです。一方,北米市場を考えると,ボストンのように降雪が多いところもあれば,フロリダのように異常な多雨の地域もあります。ドイツ車はこういった北米市場で高いブランド力を維持するため,こういった気候条件への対応をおこなっています。
JD-Powerという品質評価がありますが,ここでも日本車は良いポイントです。最近は韓国車も良くなりました。この評価は,プライスに対してトラブル度合いを意味しているので,プライスの高いドイツ車,より高い品質が求められています。つまり同じ品質だとすれば,プライスの高いドイツ車に厳しい評価がおりるのです。

→ 日本車とドイツ車を比べると,たしかに電子部品などは日本車の品質の方が優れていますが,それ以外では大差ありません。ただトラブル時の出費はドイツ車が大きいので,ドイツ車はトラブルが多いという認識になっています。

●ドイツ車は何を目指しているのか?
ドイツ車は,アウトバーンに代表される高速走行に対応するため,高い操縦安定性をもっています。またそれを支えるために高強度の車体剛性をしています。日本の高級車を新車発表するとき,必ず,BMWの3シリーズに対してねじり剛性が130%など(例)と発表することが,その剛性の高さを示しています。
さらに駆動源も過給ダウンサイジングにより,大幅な燃費改善と出力向上をはかっています。これに対応して,変速機も基本的に7速AT,8速AT,あるいはデュアルクラッチ変速機(DCT)を多く採用しています。

●日本は?
日本はハイブリッド技術さえあれば良いと考えていて,こういったエンジン技術や変速機技術について力を入れていませんでした。このためエンジン改良型のエコカーは,JC08などの負荷の低い走行条件でのみ燃費が良く,普通に走るとあまり燃費が改善していません。つまり「試験問題優先のエコカー」です。
一方,ドイツ車は,燃費とともに出力アップを果たしていますので,とても快適です。北米および韓国メーカが欧州のやり方を真似るのは当然です。日本はエンジン技術で10年は遅れてしまいました。
日本でも次期マークXには,1.4Lターボがつくので,やっと欧州並みになるわけです。

●車体剛性は?
日本のミニバンの多く(特にトヨタ)は,リヤのサスペンションにトーション・ビーム式を使っています。これは初代ゴルフが採用し,FF車のリヤサスは,このゴルフの模倣ばかりでした。しかし先代ゴルフから,トーション・ビーム式をやめ,ダブルウィッシュボーン式をベースにしたマルチリンク式を採用しています。同様にトヨタのアベンシス(欧州)は,ダブルウィッシュボーン式です。高級ミニバンというわりに,日本では安いサスペンションで良いという判断なのでしょう。
サスで重要なのは,それを支える車体剛性です。昔のオデッセイは車体剛性がなく,旋回時,車体をねじって走る手法がありました。ドイツ車は,走りを良くするための車体剛性を目指していて(日本車は衝突安全規制対応),強度をあげて重量増になるため,アルミを多用したり,レーザ溶接を使っています。
レーザ溶接を使うと,たとえば10cm幅ずつに板厚の異なるパネルを一体化できるので,強度アップと軽量化が可能になります。ゴルフはこのレーザ溶接を溶接長さで70mもつかっています。

●なぜドイツ車を選ぶのか?
選ぶ方の多くはブランドイメージで購入されるのかもしれません。しかし一部には,ドイツ車のこういった本質的な機能に着目して購入される方もおられると思います。
交差点での速さを競うような方には,なかなか理解されないかもしれませんが,コーナリング時,狙い通りのラインでトレースできるとか,AT(自動変速機)でもマニュアルモードを使い,3速固定でコーナに入り,ストレートになったら,ATモードに戻るとか。こういった運転の楽しさ,喜びは移動体としての自動車の本質ではないかもしれません。しかしこういったことを大切にする気持ちが良いと思うのです。

●日本メーカは?
日本メーカはドイツ車をしっかりベンチマークしています。だからこそ,レクサスの新型GSの仮想標的はBMWの5シリーズですというような話になるのです。各社の高級ブランド,レクサス,インフィニティ,アキュラのいずれもが北米でドイツ車と競っています。そしてドイツ車と同じクラスの場合,やや安い価格で対抗しています。
価格を下げているのは,ブランドイメージもありますが,機能差もあります。そして振り返ると,韓国メーカがさらに安いプライスタグを付けています。

簡単ですが,ご参考になれば幸いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

2012/3/1818:24:16

単なる味付けの違いですよ。工業製品としては頭2つくらい日本車のほうが優れてるでしょう。

kit********さん

2012/3/1817:54:10

BMW,メルセデスなど日本では高級車と言われる車ですが、・・・・・。
メーター液晶のドット切れが多いです。
日本車なら、軽自動車でもドット切れは起きません。
日本車と比べて、消耗品の交換サイクルも短い、OIL漏れやAT故障も多い。
ゴルフは、触媒の破損故障トラブルも多いし、交換パーツは高額だった。
日本の渋滞にめっぽう弱く、水温計がどんどん上がるので、容量が不足ぎみ。
ドライバー席、操作系もなんか変って感じです。
そんで、カッコマンでのるなら、ヨーロッパ車。
普段の足の安心して乗るなら、国産車ってなります。
やはり、日本の国土には日本車です。

maa********さん

編集あり2012/3/1814:43:40

今まで乗った車で、、なぜかドイツ車の印象が強かったです。

ビートル→内装は極めて質素、でもウインカーレバーがプラではなくアルミ製、うるさい4気筒エンジンが心地よい排気音で、外装の鉄板が厚く、エナメルの4重塗装、RRのレイアウトは4駆に迫るトラクションがある(雪道でも走れる)

ゴルフ→シートが15万km乗っても潰れない。その後買ったランクルは1.5kmでシートが潰れた。
内装は安っぽいのだが、オールアルミ製のラジエターが使われていた。最高速や燃費は15万km走っても新車と変わらない。
でもボディは15万キロのったらふにゃふにゃになったな^^;

今は国産車ですが、無難で壊れず、その代わり見えない所はしっかりコストダウンされているといったつまらなさがあります。
ただ、夏場の渋滞を2時間も走らせたら日本車が最高でしょう。どんな時でも壊れないと言うのは当たり前のようですごいですよ。(ランクルは25万kmノートラブルでした)

ps3********さん

2012/3/1814:07:29

日本の技術力とはいかに壊れにくい車を作るではなく、各パーツは使用回数や年数とかどの辺りで壊れるようにするかを考えて作っています。
各パーツの製造や修理屋さんの為です、。
ドイツ車がいかにすごかろうが、私は日本人なので日本車に乗り続けます。

mcw********さん

2012/3/1814:03:12

高速長距離移動用にドイツ車を、日常の足に日本車を所有すればいいのです…。

一消費者としては、それでいいとこどりの満足感が得られます。日本車云々、ドイツ車云々というストレスから解放されます。
おっしゃる通りに設計思想が異なる部分があるのですから…。

日本車だけを所有する場合だって、1台所有ではすべてを満たすことは難しいです。休日用に遠乗り・多人数乗車向きのLクラスミニバンを、日常の通勤・買い物用にコンパクトカーを所有するという人もたくさんいます。さらに趣味で3台目にスポーツカーやクロカン・SUVを持つ人もいます…。

日本車はノートラブルというのは嘘です。いままでに国産車は20台ほど乗り継いでいますが、ノートラブルであった車はありません…。壊れかけたまま乗ってもそれなりにのれる感覚は確かにありますが…。きちんとした状態で乗ろうと思えば、それなりにメンテナンスが必要です。それはドイツ車も変わりありません。日本車のトラブルに関する質問は知恵袋にたくさんあるでしょう…。

ヨーロッパで販売している日本車を、欧州仕様のまま日本で販売してほしいとは思います。スイフトも欧州仕様の足回りを組んだ仕様を「RS」として国内販売してるでしょう?。日本車だって国内専用車種ではなく、欧州販売もする世界戦略車といわれる車種のなかには良い車たくさんありますよ。スカイラインとかアクセラとかアウトランダーとかアベンシスとかアコードとか…。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる