ここから本文です

なぜ飛行機のように手を上げて滑るのか?2

tam********さん

2012/3/2812:08:48

なぜ飛行機のように手を上げて滑るのか?2

先日「なぜ飛行機のように手を上げて滑るのか?」
の質問をした者です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1283933142

せっかく沢山の方にお答え頂いたのに、飛行機推奨の方、非推奨の方、
様々な結果となり、自分の理解力・技術不足も相まって戸惑っております。

そこで先日また道端に落ちてたDVDを拾いましたので、画像アップします。
前回同様の発行元DVDらしいですが今度はアルペン皆川賢太郎選手の写真でした。
前回写真と並べて添付します。

前回とほぼ同じ谷周り局面なのですが、前回の人物のように腕をピッキーン!
と横棒にしたカカシ飛行機スタイルの面影が微塵もありません。

自分にはなぜか皆川選手の滑り方が前回人物より遙かに自然で美しく見えてしまいます。
前回の写真はアラレちゃんが「キィイイイーン!」て言いながら走る姿に似ています。
そう見えてしまうのは、やはり修行が足らないからなのでしょうか!?

またアルペン選手の動画を見ると前回の写真のようなカカシ飛行機が見当たらず、
むしろポール通過の際に両腕とも畳み気味で滑っている選手も多いです。
これは前回も質問に答えて頂いた一部の方々に言わせると、
"次元の低いアルペン選手やメダリストたち"が
「本来カカシ飛行機のように自然に上がる筈の両腕を無理やり引っ込めてる不自然な動作」
を行っている、という認識で良いでしょうか?
教えて下さい。

補足前回皆さんにお答え頂いた中のポイントです
1.飛行機滑りはヤジロベエ原理
⇒重心が下にあるから倒れない.手を広げることは無関係。
上記につきやじろべえと答えた方の反論無

2.俺は自然に手が上がる(namerikawa1000)
⇒競技で自然に手が挙がってる選手は皆無
雑誌の影響受けた下手糞の悪癖との指摘も。しかしnamerikawaから合理的反論無

3.バランスの為ならなぜ悪雪コブで手を広げない?
⇒整地大周り限定のパフォーマンスとの指摘

質問者,namerikawa1000,キィイイイーン,bestkun70,アラレ,カカシ飛行機,tamakinzzzz

閲覧数:
3,572
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pi_********さん

2012/3/2812:39:12

別に某団体の否定も肯定もしません。
この2つのフォームを、こう並べて比較すると、
片山氏: スキーの自然な推進が感じ取れる。 乗り物に乗っている感じ。
皆川氏: 積極的なターンが感じ取れる。 体でコントロールしている感じ。(スキーを履かずに滑走しているみたい)

前者は当然、某団体の”教え”に沿った滑りに、結果的に現れるシルエットで、後者は、強く、速く、正確に滑る為の”普通”のシルエットに感じます。

どちらが、どう、という事ではなく、某団体の”教え”に対し、スキーヤー達がどう思うか?なんですね。(たぶん)

前回の質問に対し、”流行り”と回答しましたが、改めて”流行り”なんだと実感しました。(一般スキーヤーとして)
「いや、違う。」と感じる、某団体会員(予備軍も含め)様の意見も、それはそれで正解です。
要は、違う立場なら当然、考えも違うということ。
この際、フォームや理論に惑わされず、自分のスタイルで山全体を楽しめるのが、スキーヤーにとって一番、幸せなことなんでしょうね。

質問した人からのコメント

2012/4/3 12:42:29

皆さんの回答で「飛行機」には合理性はなく、飛行機スキーヤーは勘違いしている悪癖持ちであると理解できました。しかしまた新たな疑念がわきましたので、よろしくおねがいします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1284852342

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fir********さん

2012/3/3010:43:07

娘がアルペンをやっています。
スキーなんて、どんな滑りでもいいじゃないか、と思います。
そして「アルペンが」とか「基礎が」という山の雰囲気を
指導的な立場にいる人達が、自らを律して、すぐに改善してもらいたい。
親も子供もシラケてます。

sb_********さん

2012/3/2921:05:14

アルペンスキーをしてます
わたしは競技のほうをしていますが、ポールを滑るのに腕を広げてたら、まず腕をもっていかれます。
基礎スキーのことはあまりわかりませんが競技スキーと基礎スキーとでは滑りかたが全然違いますよ

2012/3/2911:10:24

不安定にバランスを崩して傾いているから腕が上がる。
安定したままバランスを崩して傾いているから腕が上がらない。

SAJの基礎スキーとSAJの基礎スキー以外のスキーはまったく別のスキーと考えた方がいいですね。

幌尻太郎さん

2012/3/2906:53:44

4月7、8(土日)に苗場スキー場で新潟県スキー連盟主催のデモクリニックがあります。県連所属のデモたちの講習会です。
片山さんがコーチとして参加していたら質問者さんの疑問を直接聞いて見ます。柏木さんはチャンプキャャンプといって欠席のようですが・・。すでに知っている情報かもしれませんが参考までに・・・。

bes********さん

編集あり2012/3/2901:53:35

昨日の明け方に投稿した者です。読んで下さってありがとうございます。一日考えましたが、「なぜそうするのか」はわかりません。なのにまた投稿してすみません。

根本的な回答はできないくせに、細かいことを
○皆川賢太郎選手→知り合いの指導者は「高校時代の賢太郎は、他の選手が転倒するような場所でもバランスを崩す気配もしなかったな」と言っていました。
○ポール通過の際→手を畳み気味でいかないと、ポールに引っかかって(突然腕をつかまれたようになる)とんでもないことになります。ボディーミラーは、これをちょくちょくやっています。よくゴール入ってから腕を痛そうにおさえています
○all_the_way_toさんの動画→ライヒベンジャミンの左手は、主としてバランスを取るためではなく、ターンの「きっかけ」のための「若いころからの癖」です。(ごめんなさい他の回答者さんに対する悪意はありません。回答の真偽を判定し取捨選択するのは質問者さんだけで、他の回答に口をはさむべきではないと思いますが。質問者さんに「違う見方の人間もいる」ことをお知らせし、そのうえで判断してもらいたいと考えました)

基礎スキー界から長く離れていますので、職場のベテラン指導員二人に飛行機ターンの事を訊いてみました。「そんなこと教えていない、毎年の指導員の講習でも、言われてない」「練習の過程で飛行機のようなフォームを取らせる可能性はあるが、目指すものではない」「S○Jの分析(基礎)はよく迷走 」とのこと。「ホントなんすかそれ?デモは整地大回りでやってますよ、講習会ちゃんと参加してます?」と聞き返しましたが、「教えてないし、第一カッコ悪いだろそれ!」と怒られました。「V字ジャンプだって初めカッコ悪いって言われてましたよね~」と食い下がったら「お前は、何が訊きたいのよ?」と本気で怒られました。議論に楽さは必須じゃないけど、怒らなくてもいいのにね・・・長年地元のあらゆる世代のスキーヤーを指導してきた二人の言葉でしたので、重みを感じました。“飛行機”が教程に記載されているかは訊いていません。

小1の時、指導員の先生がボーゲンでバランスの取れない友人に、「手を思いっきり広げてみてー」と言っていました。その速度ではバランスは取りやすくなった気がします。

fhggs061さんの「他の回答者さんを馬鹿にしたような回答が目立ち」本当ですね。まず、自分が気を付けたいです。「技術選で活躍してる選手やデモもアルペン競技で国体にでて上位に入ってます」「デモが下手ってことは競技の観点からもないですよね」その通り。デモの大半は子供時代から想像を絶する、科学的の名のもとに血反吐を吐くようなトレーニングに耐え、各世代の全中インターハイ全日本で常にトップで、多くがナショナルチームに所属した方ばかりです。質問者さんも投稿者の皆さんも「デモが下手」なんて誰も言ってないですし、fhggs061さんも「誰ががデモのことを下手と言っていた」とは書いていませんが。
だから、一層疑問に思います「彼らがなぜそこまで手を広げるのか?」私も質問者さんと同様、理由が知りたいと思います。質問者さんは、悪意でもなんでもなくて、理由を理解し自分の実践に繋げ向上したいから、ここで質問したと考えます。素直に聞く心の準備はできているはずです(勝手に言ってごめんなさい)。

質問者さん
持論ですが、スキーは自由です、楽しいもんです。でも他人に怪我させるような可能性のある滑りは一切排除すべきです、だらしない滑りは勿論、堅苦しく感じるでしょうが車の運転同様「ゲレンデで一瞬たりとも油断して滑ることは、ほんと勘弁してほしい」。
その事に反してなければ。いろんな人の教えや、教えにならない言動も貪欲に吸収し実践するのは面白いことです。納得しがたい技術や、恥ずかしいフォームでもなんでも、真剣に実践するのは良い練習になります。(意外と面白い)「飛行機」もそうですし、こことは関係ない技術ですが「内足でターンを誘導」も、さらに「内足だけで滑る」のもいいし、片方だけスキー持ってゴンドラに乗っちゃう(筋トレにもなる)、外足だけとかいろんな滑り方を経験すると、滑りの幅は広がります。モーグルでもいいし、ハーフパイプなんか最高に面白いですよ、先日SL用の板で540に挑戦し450弱で墜落しました(板が若干曲がった気がする・・・パークでは厳重に安全確認してください)
そんな練習を極めると「その気になれば何でもできるし、いかなる場面でも冷静に判断し、事前に危険を察知し回避し、あらゆるスピードのどんな困難なバランスの局面でも難なくリカバリできる“達人”」になれるのではないでしょうか。その境地に達した時「ああ、スキーって楽しいな」って心の底から思える(自己満足)のかもしれません。
今日一日考えたことでした、長文申し訳ありません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる