ここから本文です

カラーのレーザープリンタを購入しようと思っています。

kya********さん

2012/3/2918:31:14

カラーのレーザープリンタを購入しようと思っています。

キャノン、エプソン、NEC、OKIといろいろなところから販売しておりますが、

総合的(インクのコストパフォーマンスや、メンテナンスが簡易であるとかいろいろ要素があるかとおもいますが)

にどこのメーカがお勧めですが?

主観で構いませんので教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいいたします。

閲覧数:
3,045
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2012/3/2921:15:28

プリンタの修理屋です。

インクジェットではなく、カラーレーザープリンタですよね。

自分はキヤノンの製品しか修理していませんので、キヤノンの商品しか説明できませんが・・・・・(その分は割り引いてみてください)

カラーレーザープリンタといっても、A4機とA3機があります。
また、それぞれで、耐久性の高いモデルと低いモデルがあります。

さらにカラーレーザーは定期交換部品が出るのが普通です。
累計印刷数で警告が出て、限界が来ると停止してしまいます。

個人ユーザーですと、そのタイミングで買換えという事もありえます。

A4の機種になりますが、
LBP7010C・・・キヤノンのモデルの中では一番安い勝因で、この機種だけがロータリー式という方式で、カラー印刷はモノクロ印刷の1/4程度の速度になります。
およそ5万ページ程度の使用を想定していて、定期交換部品は基本的にありません。
ランニングコストはトナーの他にドラムユニットの代金が入ります。
コストは、5500円÷1000ページ×3色+4400円÷1200ページ+7500円÷7000=21.23円/枚

LBP5050・・・タンデム型で一番安い機種です。カラーでもモノクロでも印刷速度はほとんど変わりません。
コストは、7400円÷1500ページ×3色+7600÷2300=18.10円/枚

LBP7200C・・・LBP5050の機能を強化したモデルで、手差しトレイと自動両面印刷が装備されました。
コストは、12500円÷2900ページ×3色+13000÷3400=16.75円/枚

LBP5050とLBP7200は、どちらも5万ページ程度の設計の機種のはずです。
LBP7010Cのようなドラムユニットは、トナーカートリッジと一体型になっていますので、別途かかる費用はありません。
また、モノクロでもカラーでもドラムを回転させるために、モノクロ場狩で印刷していても、カラーのドラムが磨耗して寿命が短くなることがあるようです。
ローコストモデルゆえの欠点ですね。


LBP7600C・・・現在のA4カラーレーザーの中では一番新しいモデルです。
LBP7200Cと印刷速度の差はほとんど無いのですけど、耐久性はかなり上がっているモデルです。
トナー関係もLBP7200Cと一緒ですので、ランニングコストも一緒です。

LBP7700C・・・A4カラーレーザーの中では一番頑丈なつくりのモデルで、一部のA3機よりも高い機種です。
耐久性は、約15万ページ程度と考えてよいです。
定着ユニットと、ITBというユニットがあり、定着ユニットが45,000円、ITBユニットが40,000円です。
A4機の中では警告が出るのはこの機種だけで、警告が出たら、ユニットを購入してセルフで交換することが可能です。

ただ、購入時のユニットが15万ページまで持つわけですから、警告が出たら買換えを検討してもいいのかも知れません。
また、この機種は廃トナーを回収する廃トナーボックスが必要になります。

コストは、26700円÷8500ページ×3色+17000÷5000+1200÷18000=12.89円/枚

ランニングコストは一番安くなりますけど、トナーの単価は高くなります。
LBP7600CとLBP7700Cの2機種は、モノクロ印刷時にカラーのドラムを回転させない機構がありますので、モノクロ印刷でカラードラムの寿命が短くなることは無いようです。
また、A4機では、LBP7700C、LBP7600C、LBP7200CN、LBP5050Nの4機種がネットワークに対応しています。


使用頻度の問題になりますけど、少ないのでしたらLBP7200Cのあたりでも良いでしょうね。
仮に大量印刷が考えられるのでしたら、LBP7700Cよりも、A3のLBP9200Cをお勧めします。

最初は、LBP9600C、LBP9500C、LBP9100Cの3機種でスタートし、LBP9100Cは耐久性を下げてコストを下げたモデルだったのですけど、LBP9200CはLBP9500Cの制御コードを「CAPT」に変更してコストダウンしたもので、耐久性は高いです。
LBP7700Cと同様に15万ページ程度を想定しています。

質問した人からのコメント

2012/4/2 16:53:43

降参 詳細丁寧に教えていただき大変参考になりました。お二方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dur********さん

2012/3/2918:43:32

圧倒的にブラザーです。
インクカートリッジも大容量・・・ヘッド掃除と称して、インクを大量に消費なんてしない
今、乗り換え多いです。
CANONのプリンタ使ってますが、ひとつ90円のカートリッジを大量購入・・・使い果たしたら乗り換え。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる