ここから本文です

神前結婚式で行う、三々九度の意味を教えてください。

aiy********さん

2006/6/1401:59:33

神前結婚式で行う、三々九度の意味を教えてください。

閲覧数:
27,721
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amj********さん

2006/6/1405:27:09

三々九度の意味と起源は
お神酒を一つの器で共飲することにより一生苦労を共にするという誓いを意味しています。古代の婚礼には、嫁になる人が婿になる人に対して、盃を捧げるということが重要な儀式の中心になっていたようです。三々九度の起源とも言われている応神天皇の物語があります。応神天皇が山城の国であった美女に、その名を尋ね彼女は矢河枝比売と答えたため、(名前を答えるというのは求婚に応じる意)天皇が翌日その家へ行ってみると、彼女の父は娘に天皇に仕えるように諭し、彼女はご馳走を用意し天皇に御盃を捧げ、天皇は歌を歌われたという話です。つまり、これが後の三々九度の杯のはじまりと言われています。

婚礼の夫婦かための杯は、三組の杯に銚子の口を二度そっと当て、三度目に注ぎます。新郎新婦は杯の酒を三度に分けて飲みます。杯三つとも同様にするので 「三々九度」になります。
三つの杯は「天、地、人」を示し、三はめでたい陽数、九は同じく一、三、五、七、九の陽数の至極のため、めでたいことの頂点を示します。
このめでたさづくしの風習は、江戸の頃から行なわれ始め、 「貞丈雑記」に「酒をささとも、くこんともいうのは、ささは三々なり、くこんは、九献なり。酒は三々九度飲むのを祝いとする故なり。九は陽数にて、めでたき故、中国でも酒を九献ということあり」と出ています。(参考より)
http://www.yonetsuru.com/hyakka/rekisigyoji.htm

質問した人からのコメント

2006/6/14 11:01:21

丁寧なご説明、ありがとうございました。
キリスト教でも「聖なるかな」は3回ですし、「キリエ(主よ憐れみたまえ)」は3×3の9回です。3は宗教的に意味ある数として共通しているのかもしれませんね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

koo********さん

2006/6/1407:15:02

ただの気休めですることです
なんの意味もありません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる