ここから本文です

高校物理において、必ず最大静止摩擦力>動摩擦力が成り立つ。 最大静止摩擦力=...

car********さん

2012/4/123:40:02

高校物理において、必ず最大静止摩擦力>動摩擦力が成り立つ。
最大静止摩擦力=動摩擦力と最大静止摩擦力<動摩擦力は絶対成り立たない。
これはあってますか?
それとも

高校物理において一般的に、
最大静止摩擦力=動摩擦力または最大静止摩擦力>動摩擦力(=最大静止摩擦力≧動摩擦力)
が成り立つ。

またごくまれに高校物理において、最大静止摩擦力<動摩擦力が成り立つ。

これがあってるんですか?

回答お願いします。

補足回答ありがとうございます。

必ず最大静止摩擦力>動摩擦力が成り立つ。
最大静止摩擦力=動摩擦力と最大静止摩擦力<動摩擦力は絶対成り立たない。

の方が正しいということは。



高校物理において。


物との接触面について考えるときは絶対、面の性質・接触状況は一定なんですか?

度々恐縮ですが回答お願いします!

閲覧数:
615
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uuu********さん

編集あり2012/4/413:51:53

「高校物理において、必ず最大静止摩擦力>動摩擦力が成り立つ。
最大静止摩擦力=動摩擦力と最大静止摩擦力<動摩擦力は絶対成り立たない。」

があっています。


[補足を読みました]
高校物理においては、特に問題文に記載がない限り、「面の性質・接触状況は一定」と考えればよいです。

面の性質等に変化がある場合、静止摩擦係数μ0、動摩擦係数μが変化するものとして、問題文に記載されると思います。

実際、途中までは滑らかな面(μ=0)、途中からは粗い面(μ=定数)という問題は見たことがあります。
この応用として、ある区間ではμ=μ1、またある区間ではμ=μ2というような問題も考えられます。

質問した人からのコメント

2012/4/4 21:38:04

分かりました!
丁寧な回答ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる