ここから本文です

余にも辛いものを食べると【火を噴く】と言いますが、噴いた事がありません。由来...

yms********さん

2006/6/1623:40:48

余にも辛いものを食べると【火を噴く】と言いますが、噴いた事がありません。由来はなんでしょうか??ゴジラと関係あるのでしょうか??

宜しくお願いします。

閲覧数:
706
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pol********さん

編集あり2006/6/1714:12:24

少し関係ある話かもしれませんが、
「火」「噴く」はハ行で始まりますね。。。。。。。。

火を噴くひょっとこも「火男」をもじったといわれており、ハ行で始まります。

英語でも、Fire,フランス語でもFeu、
中国語でもファ、韓国語でもファ

これらが偶然の一致とは思いにくいですね。

H,Fで始まる単語を使って、火を噴くときは、ハ、ファの口の形で火を噴いているという点で共通した考え方があります。

辛いものを食べた時にも、ハ、ファの口の形をすると思いますが、それが連想され、「火を噴く」という表現が生まれたのかもしれません。

後考えられることとしては、辛いものに赤いものが多いこと、爆薬に黄色いものが多いことから火の色を連想させるのでしょう。

質問した人からのコメント

2006/6/18 11:43:19

感謝 有り難うございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる