ここから本文です

フルカウルのバイクでミラーがカウルに直接ついてる場合とハンドルについてる場合...

roo********さん

2006/6/1811:23:55

フルカウルのバイクでミラーがカウルに直接ついてる場合とハンドルについてる場合の違いはどうなんでしょうか?
外見としては個人的な趣味などが多く影響される物だと思いますがメリットデメリット等を具体的に教えていただけませんか?

閲覧数:
5,176
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

編集あり2006/6/1816:47:22

フルカウルと言うのがミソだと思います。
フルカウルのツアラーだとハンドルについてるモノ有り。
スーパースポーツ車だと完全にカウル側。

と言う事は、超高速を走るバイクは風圧の影響をハンドルに与える為、カウル側につけていると言うのが理由ではないかと。
どっちが見やすいか、どっちが車体のデザインにあっているかなどいろいろな意見もあると思いますが、風圧の影響は無視できないので取り付け場所が決まっているのでしょう。

よってカウル側のミラーは、ハンドルに風圧の影響を与えないと言うのがメリットで視界が若干狭いと言うのがデメリット。
ハンドル側のミラーは近いところにある分、視界が広い、調整しやすい、がメリットで、若干の風圧の影響がハンドルに出やすいと言うのがデメリット。
ではないでしょうか?

車種により当てはまらないものもあるので、大まかな傾向としてね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bik********さん

2006/6/1815:44:24

両車とも乗った経験はありますが、実用上に大差無しです。
特筆するメリットもデメリットも御座いません。
ハンドルマウントの場合には、社外品などの選択肢が多いってことくらいと、デザイン上の違いだけですね。

mik********さん

2006/6/1812:51:01

オイラのバイクは、ハンドルにミラーが付いているやつと
カウルに固定してあるタイプの二台あるけど、
あんまり差を感じない。

元々、バイクってハンドルをきって曲がるもんじゃないしね。

yat********さん

2006/6/1811:44:49

カウルにマウントされている場合、コーナリング中にバックミラーでの確認がしづらいです。
車体を寝かし込むだけでは曲がりませんから、ハンドルは曲がる方向に切りますよね?ハンドルマウントならミラーも動くわけですが、カウルマウントの場合はミラーはハンドルに合わせて動きませんからね。
蛇足ですが、同じ理由で、夜中に外灯の無い峠とかを走っている時、タイトコーナーでヘッドランプがコーナーの出口を照らしてくれず、見にくいので、フルカウルモデルは嫌いです。

tak********さん

2006/6/1811:41:07

カウルに付いている=ハンドルを切っても車体に固定されているので常に後方を映すが。大きいミラーは少なく見づらい感は否めない

ハンドルに付いているミラー=ハンドルの切れに依り映す処が変化する。ミラーが近いので後方が見やすいと言うことは有る。ミラー部分が小さい物を付けたりシャフトが短い物を付けると後方が確認出来ない状態になる事が有る

で、どうでしょう?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる