ここから本文です

オートキャンプ場の有効活用方といったら?

tobetobegxさん

2012/4/1223:46:10

オートキャンプ場の有効活用方といったら?

ゴールデンウィークのキャンプに向けて、キャンプ場を探しているのですがオートキャンプ場ってありますよね。
車を使い、荷物も若干多めで、友人四人で快適なキャンプをしたいな思っていて、オートキャンプ場が気になっています。

私は普段は野宿同然のキャンプツーリングをしていたり、ボーイスカウト(というか指導者)をしていたりで、過酷な(貧乏な)キャンプ経験があっても逆にこういったキャンプ場を使った事がないという偏った変人です。

それで今回は初心者もいるし観光目的だし、私にとって逆に非日常的なキャンプが出来そうだしでオートキャンプ場を検討しています。
オートキャンプ場はテントに車を横付けできるらしいですが、メリットは荷物の出し入れが楽、というだけでしょうか?
普通のキャンプ場と比べて料金が倍くらいになるので、それだけならあまり価値が無いなとも思うのですが、それならこの人気はなんだろうとも思うし。
オートキャンプ場のメリットと言うか、楽しみ方といったらどんなものでしょう?
オートキャンプ場は焚き火って出来るのでしょうか?(直火禁止?車や芝生があるし、禁止が多いのでしょうか)
車二台で行きますが、一台は外に駐車などは可能ですか?(キャンプ場によるでしょうけど……)
AC電源の活用法といったらなんでしょうか?
電源を使うキャンプ道具を持っていないのですが、家庭用の扇風機や暖房などを持ってきたりするのでしょうか。

ちなみにキャンプ道具は必要最低限揃っているので、レンタルは考えていません。

おかしな質問ですが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

補足ブログの写真を見ていると、現地でカルチャーショックを受けそうで楽しみです。
ダッチオーブンを(ボーイスカウトの備品をちょっと借りまして)使って料理をしようかと思ったのですが、直火禁止となると焚き火台が必須となるのでしょうか。
焚き火台って持ってないのですよ……。
炭焼は調理場をつかったりしますか?

閲覧数:
5,501
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi_camp0227さん

2012/4/1321:39:30

楽よ~~。

私も指導者やってます。


まずは かまどにテーブル作りから始まる教育キャンプに比べたら、オートキャンプ場は超楽ちんです。

今まで利用してきた野営地に比べたら、「オートキャンプ場」のトイレや炊事場は明るくて綺麗。
売店もあるし、照明もあるし・・・、なによりスコップなんか出番ないし・・・。

道具も違うし、テントも違うし・・・、ある意味カルチャーショックを楽しめますよ。


私が”ファミリー”でオートキャンプをするようになったのは、15年ぐらい前からでしょうか・・。
最初はランタンも付けられなかったし、ツーバナーも使えなくて困りました(苦笑)。
炭なんて使った事なかったし・・・。
薪でご飯を炊くのは すごく上手なんですがね~。
ボーイと違い、ガールはあまり道具を使わない(所有していない)キャンプがメインなんです。
カルチャーショックでした。
サイトにコンセントが出ているのもビックリでした。


今は高規格よりはマイナーな素朴なキャンプ場を好んで利用しますが、気分や行く先の観光などを考え、色んな環境を楽しんでいます。
いわば、B&Bあり、旅館あり、時にホテルあり・・・ってスタイルですね。

夏場は教育キャンプの引率などで頑張ったご褒美に、我が家的には高規格のキャンプ場でお気楽なキャンプを楽しんでいます。
極楽~って感じ。



キャンプ場にもよりますが、9割がた直火は禁止。
サイトが草地(芝)の場合、焚火台などのコンロの下にも板を敷かなければならないルールもあります。

料金も1区画制の一律料金でも、車一台5名までという制約が普通ですね。

ゴミは大抵引きとってもらえますが、有料もあります。(3000円以内だと持ち帰り)

AC電源は、我が家は真夏の海水浴キャンプでは扇風機持参!!
だって、昼間の暑い中沢山遊んで疲れたのに、家族4人がテントで過ごすと蒸し風呂になるでしょ・・・、扇風機持参で快適に楽しむ(なんせご褒美キャンプだから・・)ようにしています。

あとは、寒い時期に電気毛布で使用したかな・・。

サイトに最初から電源が無料で付いている時は、携帯の充電もします。
(普段はソーラー充電器など持参)



まぁ、一度行ってみて下さい。
出来れば、GWは外した方が無難ですよけどね。
その場合は、区画サイトを利用した方がストレスが少ないですかね。
それでも結構な確率で、夜も早朝もうるさいですから、耳栓は必須アイテム。


関東だと、狭い区画が多いので、そのあたりは事前にネットで情報を集めて下さいね。


そうそう、最近は山ガールブームで、キャンプ場利用者がすごく「お洒落」です。
レインコートも高級ブランドでスタイリッシュだし、テントもデコレーションしたりして・・。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2012/4/1323:38:48

細かい事は気にせず、一度行ってみたらいいのでは?

メリットもデメリットも人それぞれです。

良くも悪くも“目から鱗”ってことがあるかもしれませんよ。

“偏った変人”と自覚があるのですから、色々経験してみれば。

偏った狭い世界で能書きだけの寂しいアウトドアマン(?)にならないように。

oasisu55さん

2012/4/1320:59:43

GWだと、もう良い所は予約取れないと思いますが、GWのオートキャンプ場は最悪ですよ
普段野宿同然のキャンプしかしたこと無いなら、嫌な思いしかしないと思います

オートキャンプ場と言うのは車を横付けしてキャンプが出来ます
メリットは荷物を運ばなくって良いと言う事、比較的設備がしっかりしていると言う事
AC電源はホットカーペットなどを使い温かく寝る事が出来ます
それ以外のメリットはほとんど無いです

デメリットは、買い物等で車の出入りがあるので、ホコリが立ったり通路に近いと小石が跳ねたりします
オートキャンプ場に来る人は初心者なども多く、野宿キャンプに比べるとマナーの悪い人、火起こしが下手でいつまでも煙を出す人など、ボーイスカウトをやっていたような人からすると、気になるタイプの人が結構います
洗い場なんてひどいですよ、残飯は流しちゃうし、油べったりの物も洗剤たっぷり使っていつまでも流しを占領して洗ってますから
夜遅くまで明かりを点けてしゃべっている人や、酔っ払っている人も居ます
ペット可だと、バカ犬が吠えたりするし、マナーが悪い人の確率も上がります

GWやお盆休み以外の空いている時期、寒い時期ならそんな事も無いです
グループキャンプを断ったり、消灯時間やマナーにうるさいキャンプ場ならたぶん大丈夫でしょう
利用料金が安く、サイト数が多い所、100サイト以上も有るような所はやめた方が良いです

chinohteyoriさん

2012/4/1314:29:44

オートキャンプ場の定義も、フリーサイトの定義も曖昧でキャンプ場でかなり差が有ります。
フリーサイトでも予約制で定員を設定しているキャンプ場は珍しくありません・・・・ごった返すキャンプ場ばかりではありません。
オートキャンプ場とは言うものの荷物の積み下ろしに限定し車の乗り入れを認めるところも有るほどですから
オートと付くからすべて車横づけでOKでも無い様です。
俗にいう高規格キャンプ場・・・しかも区画サイト・・・・キャンプ場のアパートみたいで最悪です。
パソコンは使用されているわけですから、ホームページを覗いたり、問い合わせをしてみる、ユーザーの評価なども
検索できますので色々調べ好みに合ったキャンプ場を探す事をお勧めします。
親父が一人で作った10組程度が定員の小規模なオートキャンプ場に穴場が多いと思います。
殆どのキャンプ場は焚火台を使用すれば焚火は出来ます。・・・ピラミッドタイプの焚火台は最低高さが低すぎるとして
断られるケースが極稀に有りますのでこのタイプは事前に確認した方が良いと思います。

ccd_nouさん

編集あり2012/4/1406:47:28

オートキャンプ場でも区画サイトとフリーサイトではかなり意味が違います。

区画サイトは予約が出来ますし、そのサイト内でテントやタープを張り、車も停めますが、2台目以降は多分入りませんから共同の駐車場に止める事になります。

フリーサイトは広々と使え、車が何台でも停められますが、予約できませんので人気のフリーサイトでGW等は早朝に行ってもスゴイ人出で端っこの方でも中々スペースが無い可能性が有ります。

区画サイトでもGWや週末は何カ月も前から予約殺到で既に空いている所は殆ど無いかも知れません。

オートキャンプ場は車のそばでテントを張れるというメリットが一番ですが、椅子やテーブルに調理道具等を沢山持って行ってそれなりの料理をするには必要です。

http://ameblo.jp/nsan/theme3-10014771278.html#main

私はいびきがひどく、何時も車で寝て、女性の友達や子供さんはテントに寝て貰う事が多いですし、ソロキャンプならテントは無しで車の中で寝ます。

雨や強風の時等は荷物を入れるので助かりますし、車の向きを考えれば、お隣との視線よけや風除け、日除けにもなります。

直火は禁止の所がお多いですが、焚き火台で焚き火は殆どOKですし、流し台や調理場もありますから何でも料理もできます。

水洗トイレやコインシャワーや場合によれば温泉や売店などもあったりします。

電源のサイトもありますが、なるべく利用しないようにしています。

最初は電話をかけまっても予約が取れる区画サイトにしておく方が良いかも知れません。

せっかく準備をして行ってもテントも張れない混雑の所ではどうする事も出来ません。

夏休みと共に一番混むのがGWですから、早めに手を打つべきと思います。


補足について・・・・

どんなものかのイメージを持ってもらう為に写真を見て頂きたくブログの紹介をしましたが、私の場合は少し極端に道具に凝り過ぎていますから、驚かれたかもしれませんが・・・

オートキャンプ場でももっとシンプルに最低限の道具でされている方も多いです。

とりあえず予約できる所で、直火が禁止かどうかを確認されると良いと思いますが、やはり焚き火台は必要な所が殆どです。

調理場の施設もキャンプ場で違いますが、流しの横に炭焼きで調理できるコンロが付いている所もありますが、混んだ時は順番待ちで中々使えず、半分壊れていたり汚かったり、大量の炭を入れないと網まで火が届かないなどが多いですから、私はあてにしませんが、利用されるなら下見をしてくる方が良いかもしれません。

幾らでも簡単に出来ますが、料理の種類などで道具も変わりますが、焚き火台とガス又はガソリンのバーナーは欲しいと思いますし、通路やトイレなどの照明はありますが、各サイトは真っ暗ですから、明るいランタンも幾つか必要です。

hayasijinさん

2012/4/1310:02:01

若い頃はほぼ『野営』のようなキャンプばかりでしたが、最近はめっきりオートキャンプ場ばかりになりました。
理由は女の人や小さい子供達がいるから、です。
やはりトイレと水場は無いと辛いですもんね。(特に女性は)
シャワー室や大浴場があるところも増えてきました。
あと、足らないものは大概現地で購入できますし。

焚き火ですが、芝生サイトでの自火は100%禁止ですが、砂利や砂サイトだとOKのところもあります。

AC電源ですが、基本的に夏場は必要ないですよ。(AC電源が無いキャンプ場の方が多いのではないでしょうか?)
電源の主な役目は冬場の『暖取り』です。テント内に敷くホットカーペット等用とお考えください。

オートキャンプ場が流行っている理由は 『不便の便利』 という一言に尽きると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。