ここから本文です

船外機故障 プラグのかぶり

アバター

ID非公開さん

2012/4/1710:59:42

船外機故障 プラグのかぶり

以前船外機故障の事で書かせていただいた者です。

その時はドライブの異常による高負荷によるエンジン出力低下ではないかとの事で、その後故障箇所の究明と解決に望んだのですが、どうも原因はエンジンにあると分かりました。
已然にして下記の症状が続いております。
・前進又は後進にクラッチを入れてからはスロットル20%程からエンジンがふけ上がらず、結構大きめのカタカタという音が鳴り出す。その為僅か2~3ノット程しかスピードが出ない。本来は20ノット以上出ます。
※クラッチニュートラル位置ではスロットルに応じてちゃんとふけ上がります。
・クラッチは問題なく入るが、後進に入れるとほぼ毎回エンスト。
エンジンが暖まってくるとエンストはし難くなりるが、それでも後進だけはスロットルを少しでも開けると確実にエンストする。

当船外機はYAMAHA 2st、30ps(直列3気筒)なのですが、先日プラグを確認した所、一番上の気筒のプラグは正常にきつね色で点火している痕跡があるのですが、中と下の気筒のプラグは完全にかぶっており、燃料とススまみれになておりました。プラグ自体は新品でこそ無いものの、未だ寿命とは言えない状態でしたのでその時はライターであぶってみたりワイヤーブラシで磨いても見たのですが症状は改善しませんでした。

これが出力低下の直接的な原因であると見たのですが考えにくい事でしょうか?またまた対処法、修理法は?
同じような症状になられた方や、船外機の機構に詳しい方、マリン整備士の方々居られましたら回答願います。

閲覧数:
19,633
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アリソンさん

2012/4/1723:43:20

ヤマハ30DE 型式6J8ですか?

カタカタという音=クランク・ピストン?
(片打ちで1本しか爆発していない?)
ススまみれ=異常な爆発・点火時期・イグニッションコイル
燃料かぶり=キャブレター・燃料ポンプ

難しいですね。
順番に点検していきますか?
あくまでも自己責任でお願い致しますね。

全てのプラグを新品にしてください。

燃料系統から
燃料タンク内の吸い込み口および出口(ジョイント部)の点検
意外に繊維等が付着して燃料通路を狭くしていることがあります。
症状:エンジンは始動するが、回転が上がらない(燃料不足)

エンジン内の燃料フィルターの点検
汚れはないか?
パイプを外しプライマリーポンプを押してスムースに燃料が送られて来るかを点検
(必ず燃料受けを用意する)

キャブレターのダイヤフラム(燃料ポンプ)の点検
画像参照して28番のダイヤフラム・30番のガスケツト,フユエルポンプ 2
このダイヤフラムが裂けると燃料が2番~3番に流れ込む為、
症状:2番3番の気筒が燃料過多になり爆発しない。プラグが湿る。

あとは、
キャブレター内ジェットの詰まり、フロートバルブの異常によるオーバーフロー。
キャブレターのオーバーホールですが、、マリン整備士へ依頼した方が良いと思います。

電気系統
CDIユニットのオーバーレボを解除してみる。
長方形の黒い物体がエンジンの横に付いています。
プラスチックのカバーを外し、CDIユニットを取り付けネジ上下2本を外します。
裏側に3本ネジがあって2箇所がプレートで繋がっています。
オーバーレボON/OFFとありますので、OFFにプレートを移動します。
この状態で、試してみてください。
オーバーレボ:30Dの場合は、エンジン温度が異常になった場合、回転を制御するのですが、
たまに、CDIユニットが壊れて誤作動する事がありました。
変化が無ければ元に戻します。

次に
イグニッションコイル(プラグに繋がっている黒い線が出ている黒いかたまり)
イグニッションコイルの配線でギボシで繋がっている線が1本ありますが分かりますか?
爆発しているかの確認で、
クラッチをニュートラルでエンジンを始動
回転を2000回転くらいにする。
その状態で、1番2番3番の(黒に白い線)ギボシを順番に抜いてみる。
(1本づつ抜いて変化をみる)
回転が下がったり、エンジンが止まったりした場合、抜いた線の気筒は爆発している状態です。
全く変化がない気筒があった場合、その気筒は爆発していません。
(2番3番のイグニッションコイルが悪かった例があります)
燃料がOKならば、電気系統、圧縮に異常がありだと思います。

それでも、NGの場合(全く変化がない気筒があった場合)
変化があったイグニッションコイルと交換してみます。
ギボシの配線も変えます。
配線に番号があります。シリンダーの上から順番に1番2番3番です。
交換して、良かった気筒が悪くなればそのイグニッションコイルが不良です。
悪い気筒が同じであれば、
その気筒の圧縮&キャブレター(燃料)、パルサーコイル、CDIユニット、
のどれかになりマリン整備士へ依頼した方が良いと思います。

ご参考になりましたら幸いです。

ヤマハ30DE 型式6J8ですか?

カタカタという音=クランク・ピストン?...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cor********さん

2012/4/1720:23:33

文章からの推測です。

ヤマハ2スト。
空ぶかしは正常な吹け上がり。
負荷時、ノッキング(カタカタ音)と出力低下
1番はプラグ正常2.3はカブリ気味。

エンジンの形式が不明ですが、プラグコードとコイルが一体になったのが3本ついてませんか?
プラグコート不良により正常なスパークが無い状態で燃焼が悪く、負荷時にプラグが失火してる症状にも思います。

テスターと抵抗値が判れば点検も出来ますが、一般の人は難しいと思いますので3本とも新品交換してみては如何でしょうか?
また、プラグも安いのでついでに交換したほうが良いです。 目視ではプラグの良否が判らない場合もありますので。
1番は正常で2・3番のみかぶっているとなると、キャブとかの燃料系ではなく、プラグやプラグコードやコイルなどの電気系統の不良をまず疑います。

kaz********さん

2012/4/1713:02:47

燃料は混合ガソリンでしょうか?
混合ガソリンならOILを少な目にしてみましょう。
これで調子が良ければ、エアフィルターを掃除してみましょう。
それでダメならキャブレタとかになりますね。

suk********さん

2012/4/1711:30:38

メインジェットが詰まっている可能性があります
一気筒死んでいるためエンジンがふけ上がらず
回転が安定しないためカタカタと音が鳴るのでは?!
メインジェットからの燃料が不十分でキツネ色に焼けただけで
正常な燃焼ではないと思います
まずはキャブレター清掃をオススメします

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる