ここから本文です

DXOマークの良い悪いでの写真画質の違いに付いて質問します。

gar********さん

2012/4/2400:00:57

DXOマークの良い悪いでの写真画質の違いに付いて質問します。

DXOマークがよく話題になっていますがダイナミックレンジでキヤノンのカメラの値が少ないのですが大きい値の他メーカーのカメラと比べてどのような差が生じるのでしょうか。
或いは、十分な値で他メーカーの値は過剰なのでしょうか。

補足jxtusen_photoさん
そのような事を聞いているわけでなく、ダイナミックレンジの差が実際の写真にどのように影響されるのかの質問です。D800とか5DmarkⅢとか関係なくです。
貴方の書いている実務での差を教えていただきたいのです。貴方の書いている内容は実務実践と書きながら、抽象的でしかありません。

閲覧数:
1,318
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ist********さん

2012/4/2414:21:10

特定の測定方法でダイナミックレンジが広い狭いと言っても現実的にモニターでもプリントでも表現できる濃淡、階調などは制限が有るので実際には大きな差は出難いです。
有意な差として感じるのはRAWデーターで1ショットのデーターから現像条件を変えてHDR風画像を生成する場合くらいですよ。
(現像時のトーンカーブの調整などでも差は感じるかも知れませんが差を感じるほどの調整をしてしまうとかなり不自然な絵になります)

センサーのダイナミックレンジは白とびし易さや黒つぶれし易さの指標と思われてますが自然な写真表現に必要なダイナミックレンジは数年前からすでに十分有りました。
ダイナミックレンジの拡大はハイライト、シャドーの階調性を出し易いのですがJpegでは生かしきれませんしモニター表示でも差としては現れにくいです。
唯一、RAW現像時のトーンカーブの調整後、ダイレクトに印刷するか16bitTiffから印刷する時に少し違うかもと感じる程度です。

そもそもDxOベンチマークは自社RAW現像ソフトとの相性を確認できるくらいでかなり不完全な比較です。
数値も絶対数値ではなくて相対数値なので単に他のカメラと比較してるだけで画質を評価できる数字じゃないです。
それに測定項目も少なすぎて画質を判断するには不十分なので参考程度で見るべきですね。
(あの数値だけで優劣が付けられるほど簡単では無いです)

画質はまだ数値評価できない部分が多く見る人の目の感能力、脳の処理傾向によって差が出ます。
分かり易い例だと目の色の違いで感じやすい色も違ってきますし黒目の濃さで明るさの感じ方も変わってきます。
つまり、海外の人と日本人とで同じ写真でも画質評価が変わります。
画質はデジタルのモニターでしか判断しない場合、微妙な違いが分かり難く結構大雑把な判断になり易いです。
現状できる一番よい評価方法はプロラボなどの高画質プリントですがそれでもRAWからの現像条件、印刷用のレタッチなどの比重が大きいのでセンサーの差というのは案外分かりにくいです。
(よく言われますがセンサー性能が確実に劣ってるはずのコンデジの豆粒センサーでも適切なレタッチをすれば一眼レフの写真との差は無くなったり場合によっては逆転します)

数字で表してるので誰でもわかり易い為、あちこちで話に出てきますが個人的には自分の目を信じて評価する方が確実だと思ってます。
(私の経験からだとあのDxOの評価と画質は=ではないです)
デジタル時代になってからスペック数値にこだわる人が増えましたが被写体もそれを写して見る人もアナログなのですからあんまり数値にこだわりすぎると現実からずれてしまいますね。

質問した人からのコメント

2012/4/24 15:02:47

既に必要十分である事が理解できました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2012/4/2414:06:15

ダイナミックレンジについては、まだ自分の考えがまとまっていないのですが。
ぼんやり考えている事を単純に言えば、自分の目で見ている以上のレンジが必要であるかどうかって事です。

DXOスコアは、デジカメinfoぐらいしか相手してませんし、このスコア=ダイナミックレンジとも思えません。
ひとつの指標としては、結構純粋な値として第三者がはかるのはよい事ですけどね。


>ダイナミックレンジの差

1台のカメラでも、Jpeg の設定でコントラストをいじれば、どういう影響が出るか、体感的にはわかると思います。

へんな言い方になりますが。
見ているモニタ・写真ならプリンタの限界を超えた場合、おっしゃるとおり過剰な値という判断になるでしょう。
白とびしている部分のデータが、細分化されたところで、モニタで見たら白とびしているならあまり意味が無いし。

ダイナミックレンジ、広ければありがたいけど。
スタジオで広告向けの撮影なんかであれば、適切な光を用意できるので、現在のデジタルで不満とかは思わないんじゃないかと。もちろん、次世代が出て、すげー!って進化するかもしれませんので、将来はわかりませんが。


>実際の写真にどのように影響されるのか

撮るのをあきらめていた写真が出来るようになる。
というのが一番正しい表現に思います。

思考を進めたとき・・・。
強烈に広くなれば、HDRみたいな写真が一発で撮れるのか?
って、疑問に、私の思考はぶち当たっているのですが・・。

この方向であっていた場合、冒頭の悩みにつながっていきます。

jxt********さん

編集あり2012/4/2413:38:29

実際の画像への影響は それこそ使いこなし次第です.
D800と5DmarkⅢの比較も メーカー発表会などを何度も通って
実感からの現状での判断 次期主力機材候補としてこれからも
メーカー貸し出しや仕様品番のレンタルから採用まで 綿密に
実感納得できるまで実施予定
実際に商品版での実感はまだですが β機の操作してみた実感から
私はCanonEOSのシステムの方が 全体のバランスが良く道具として
使い易いと実感してます。
でもNikonのシステムの方が優位な面も多々有るのも事実です
魔法の様に完璧手軽な道具は存在しないですから、過信しない事
デジタルで許容範囲もほとんど無く繊細さが上がっているので
撮像素子だけの評価数値だけで 画質の優劣は計りきれないと云う事

所詮、公平な公的機関の評価数値でない ソフトメーカーの評価数値
比較するにも,撮像素子だけでなく レンズや内蔵画像処理エンジン
の要素なども含めての公平な等条件比較数値でないので

キヤノンのカメラの値が少ないからと云って道具として駄目とは言い切れず
DXOマークの良い悪いだけの判断は机上の空論
使いこなして性能発揮できなければ 画に描いた餅自慢に過ぎないと云うこと.
ダイナミックレンジと数値で騒ぐより 使いこなして性能を引き出す方が大事
だと云う事.

>実務実践と書きながら、抽象的でしかありません。
それは私は質問者さんでないので 自分の実務実践の経験値からの裏打
ちからの回答だから 質問者さんからしたらここの文字だけ回答では
抽象にしか捉えられないもの仕方が無いですね
しっかり自身でデジタルの道具の本質から過信誤解無く学び,実践して
自身のデータベース(経験値) を構築してくださいな。
しっかり実感から 知識も経験裏打ちが無いと 絵に描いた餅に陥りますから.
ダイナミックレンジに拘るのでなく 写真表現の道具としてシステム全体の
バランスや運用スキル、知識(データベース),運用仕上げのバソコンの運用
スキル、マシンパワー、カラーマネージメントなどの基礎基準固めなどの方
が拘るべき点ですよ。視野を広く持って実務実践の運用を。

rok********さん

2012/4/2409:18:35

そのままの意味でダイナミックレンジが他社のカメラのセンサーより狭い、という解釈で良いのではないでしょうか。黒ツブレや白トビが他社のカメラより数値としては大きく出る、という事でしょう。

見た目でパッとわかるような物では無いけれど、自分のカメラは良いセンサーを積んでるんだという意識は所有欲を満たしてくれるし、撮影のモチベーションに影響したりするかもしれません。

アマチュアには意外と大事な要素だったりします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる