こんばんは!水流ですが、今はコラリアナノ900を水槽の左右につけて水面に向けぶつけています。

こんばんは!水流ですが、今はコラリアナノ900を水槽の左右につけて水面に向けぶつけています。 外部フィルターは泡が凄く今は排水口をウールマットでぐるぐる巻きにしています。マキシジェット750あたり買う予定でいます。コモンサンゴは少し白くなってきました!泣 オレンジです。エンタクミドリイシは緑色になりつつあり、他に小さなミドリイシを購入したんですが茶色です。ポリプも出さず、白化もしてないといった状態にあります。水質は忙しく測れてませんが、前が硝酸塩0 リン酸0.08 Ca430位でした。今機材で何が足りないのか混乱しています。とりあえずカルシウムリアクターは無しで 笑

補足

回答感謝いたします!! 砂は1~2cm位しかひいてませんが、デタリストは溜まります。クロナマコが働いてくれません 笑水温は25℃ 比重は 1.024で海水プロソルト使ってます。PHは測ってなかったです。水替えしてれば大丈夫だと思ってました。ニューウェーブ 2000位にすると水槽が洗濯機状態になるかと思い、コラリアにしました。サンゴに直接水流当てないって難しくないですか?てか無理です。笑

アクアリウム2,606閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

こんばんは、ご指名ありがとうございますuvcoralです! と言いますか、さっきの質問の続きですね。 コラリアナノ900を水面にぶつけるのは、油膜予防と水槽全体の酸素供給になって良い感じなのですが、コケやデトリタスがまだ出ているはずですので(コケはそう簡単には収まりませんので…)、先程はコラリアを物理濾過に回すアイディアを書きました。 もちろん、コラリアで飛ばすばかりがデトリタス対策ではなくて、スポイトでこまめに取り除くのも有効ですし、ちょっと前に書きましたように、水換え時に水中ポンプを使って直接ライブロックやサンゴに新しい海水を拭きかけて、デトリタスを洗い流す方法もあります。 コモンサンゴの白化は、光の当たる角度が悪いのかもしれません。 角度を変えてあげるのが対策ですが、たとえ角度が悪くて一部白化しても、それが原因でコモンサンゴが☆になることはないです。 もう一つ白化原因として考えられるのは、コモンサンゴを流れの悪い場所に置いていて、新陳代謝が悪くなっている可能性です。 この場合は、コラリアの位置を変えたりして、流れを良くしてあげて下さい。 さらに見逃せない原因が、コモンサンゴを食べるウミウシや巻貝の侵入です。 これ、けっこう多いみたいです。 「レイシガイダマシ」を画像検索して、似たような貝が水槽内にいないかチェックして下さい。 白くてふさふさした小さなウミウシも天敵です。 と言いますか、ウミウシを見たらもれなく駆除しておくのが確実です。 ミドリイシの状態は落ち着いているようですので、根本的な環境悪化ではなく、上三点のどれかが原因の可能性が高そうに思います。 そして水質ですが、ものすごく基本的なのですが…できれば水温、比重、pHも知りたいです。 特に今はまだ水槽が不安定な時期ですので、この三つは毎週確認しておいて下さい。 やっぱり、基本は大事ということで…。 そして追加するべき機材ですが…クーラーを回す用のポンプは、外部フィルターにもうちょっと頑張ってもらう線もありかな?って思います(笑) 一方、先の回答に書いた、物理濾過強化用の水流ポンプは、けっこうほしいです。 コラリアナノ900はちょっと弱いので、ニューウェーブ2000などが一台あると心強いです。 でもホント、ライトが悩み所ですよねー… 既存の白多用のLEDに青・紫・UVを追加するアイディアと、エムワン150Wを追加するアイディア、どちらがベターかと聞かれれば、エムワンの追加です。 この前も書きましたように、私の飼育スタイルではないのですが…150W・20000Kのメタハラを追加すれば、SPSの飼育がぐっと楽になるのは間違いないですし、なんといっても16500円は超安いです(笑) ただ…ですね。 これ書くと話がややこしくなるんですが…そろそろフルスペクトルLEDの100W↑が2~3万円台になってきてるんですよね。 そして各社とも、鋭意フルスペクトルLEDを開発中で、今年中には新商品が次々出てくるはずで、LEDが世代交代する時期にさしかかっているみたいなんですよね…。 そういう色々を総合して考えて…スポットLEDを極めるのも、メタハラで手堅くいくのも、今は予算を温存しておくのも…どれも魅力的だと思います。 最後は、どんなスタイルを選ぶのか?ですね。 -------------------- 補足につきまして。 ナマコやマガキガイは、砂表面のコケを予防していれば十分働いてますよー。 比重はもうちょっと上げる方が、調子が良くなると思います。 水槽が洗濯機って表現、面白いです(笑) まあでも、海の波はもっと激しいです。 オオバナサンゴ、ミズタマサンゴなど、直接強い水流が当たるのが苦手な種類はいますが、SPSは強い水流が当たる方が良いです。 ただ、実際の海では、川の流れのように決まった方向から永遠に当たり続けることはないので、前から来たら次は後ろ、と、波のように交互に水流がくる方が、長期的に見てベターです。 そんなわけで今、スマートウェーブが人気ですが、比較的容易なSPSなどを飼育するだけなら、複数のポンプをタイマーで数時間おきに交互にオン・オフするだけで十分効果があります。 私の場合は、FLOを取り付けた1000L/hのポンプを2台(普通にサンゴに直接水流をぶつけています)と、ライブロックの下を清潔に保つ用にコラリアナノ900を使っています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いつも回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/5/2 14:45