ここから本文です

紫外可視分光スペクトルについてです。

アバター

ID非公開さん

2012/5/419:39:01

紫外可視分光スペクトルについてです。

純粋なベンジルアルコールとそれを10倍希釈した溶液を230nmから350nmのUV測定しました。結果、10倍希釈したものはピークが高波長にシフトしたのですが、何故でしょうか。

閲覧数:
680
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

elp********さん

2012/5/420:44:40

純粋なベンジルアルコールって原液ですよね。

それは、濃すぎて、吸光光度計の定量的な測定範囲の吸光度を大幅に超えていますよ。
そのような場合、振り切れて測定されていますので、
希釈すると正しい吸収波長に近づき見た目高波長側にシフトしたように、見えます。
それでも、また、吸光度的には高過ぎるのではないでしょうか。
ピーク高が0.3~0.7の吸光度になるような値になっていますか。

アバター

質問した人からのコメント

2012/5/4 23:26:42

素早い回答ありがとうございます。
詳しい質問をリクエストさせていただきました。もし宜しければ回答をよろしくお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる