ここから本文です

急成長する企業(業界)には裏がある?

luf********さん

2012/5/511:59:53

急成長する企業(業界)には裏がある?

そう感じてなりません。

そもそも、業績というのは一朝一夕にしてなるはずがなく、長年にわたる信用とお客様から愛され続けるという実績が伴ってようやく開花するものだと思っています。
しかし、近年はIT企業をはじめとして急成長を遂げる企業が業種や企業規模にかかわらず多数出現しているのが事実です。
当然、その中には競争に勝てず敗れていく企業もありはしますが、そうは言っても成功している企業はあります。

しかし、上述の「長年における・・・」という行為を無視して急成長した企業に限って内部では「他人を蹴落とす」とか「嘘をついてまで」といった腹黒い実情を抱えて勢力を伸ばしているような印象を受けます。

「他人(同業他社)と同じでは勝てない」「先手必勝」という気持ちもあるでしょう。
ただ、それって「私利私欲」に近いものがあるような気がしますし、「何かを得るためには誰かを犠牲にせざるを得ない」という考えでもあるわけですよね?

でも、企業のトップとしてはそうしたマイナスイメージを与えないように業績が芳しくなくても「業績はだんだん伸びてきております」「リピーターも増えてきています」と嘘八百を並べたり、同業他社と比較して劣っている部分はすべて隠していい部分しか羅列しない(つまり、自社の置かれている立場をありのままにしない)ということを繰り返すことが成長と考える以上、世間的に道理に反していても平気で競争社会を助長させているのも事実。

場合によっては違法とされるべきことさえもやっている企業だってあるし、布団や太陽光発電のようなもはや嫌がらせともとれるような販売形態だってある。

切磋琢磨することは大いに結構。
自分らの生活を守ることも重要。
でも、嘘を並べたり、違反をしたりしてまで同業他社を蹴落としたり業績を上げるような考えはダーティなのでは?

閲覧数:
561
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syu********さん

2012/5/602:29:05

急成長した企業を全て汚いと勘ぐるのは感心しません。

例えば、ケータイゲームは面白いものをたくさん作って
たくさん宣伝する能力があれば、成長する事に疑問はないと思います。
市場規模がどんどん拡大していますから。
確かに釣りゲームのパクリ論争がありましたが、
せいぜいそれくらいの汚点です。

しかし、市場規模が決まっている中で急成長する企業ならば、
かなり危ない橋を渡っている可能性があります。
特に不動産業界はかつて耐震偽装があったように
ギリギリかアウトな内容を行わないと、そんなうまい事にはなりません。

ですから、あなたの言うように汚い事をしてまで急成長する企業は、
よくないイメージで何かが犠牲になっている可能性があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/5/603:57:53

でも 歴史ある大企業でも汚いことは決して少なくはない
粉飾決算なんかみてもカネボウや日興コーディアルはライブドアよりも悪質といえる

問題はその会社の性質だと 個人的に思う
例えばファナックは76年創業だが 富士通の人材や技術 人脈信用等を利用できる立場にあった

つまり 会社の「生まれ」と「育ち」が重要かな と
例えば人脈を買うために有能なベテランをヘッドハントしたりもしているし

結論としては 会社による、としか言いようがないかと

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる