ここから本文です

トラック運転手 長距離 運行手当(時間外手当含む) 基準

suk********さん

2012/5/1100:47:51

トラック運転手 長距離 運行手当(時間外手当含む) 基準

会社が支払うトラック運転手に対する運行手当(残業代を含む)の基準があいまいで困っています。

国等から何か基準は出されてはいないのですか?

A地点からB地点に行って、荷物を卸して、帰ってくるという仕事に関して、0000円という手当が事務方の裁量で決まっています。実際の労働時間は関係ありません。一律に運送距離で手当が決まっています。

早く終わろうが、待たされて遅く終わろうが一律の手当です。待たされて遅れた分の残業代は出ません。あくまでも運送距離ごとに一律の手当なのです。

これは違法ではないのでしょうか?

トラック運転手の時間外手当に関してどのような取り決めがよいのでしょうか?

あくまでも実労働時間に添って残業代を支払うべきなのでしょうか?

それとも距離で手当額を決めるべきなのでしょうか?

AからBに運行するにあたって、Xさんは9時間労働、Yさんは10時間労働、Zさんは11時間労働となることもあります。Yさんは早目に出発するタイプです。Zさんは渋滞に巻き込まれて遅くなりました。

様々な理由で労働時間が長くなります。その度に実労働時間に応じて支払うべきでしょうか?

一律に手当額を決めた場合、運転手は早く終わらせようと仕事が雑にならないでしょうか? 事故の原因になりかねません。

よい方法を教えて下さい。

大手の運送会社の手当の基準や残業代の取り決めを知りたいです。判例や通達などもあれば知りたいです。

閲覧数:
21,556
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2012/5/1119:19:43

>早く終わろうが、待たされて遅く終わろうが一律の手当です。待たされて遅れた分の残業代は出ません。あくまでも運送距離ごとに一律の手当なのです。
これは違法ではないのでしょうか?

労基法の割増賃金や最低賃金を上回るのであれば、違法ではありません。
待たされたというのは手待ちであり、労働時間にカウントされます。
勝手に早く行ったというのであれば別ですが。

>大手の運送会社の手当の基準や残業代の取り決めを知りたいです。

かかった時間をマイナスにして時間の効率化を図っているところはあります。
たとえば、1個2000円歩合のものを10個配達した場合に、かかった時間×1000円を控除するという計算方法です。
7時間で終われば、
(2000円×10個)-(7時間×1000円)=1万3000円となるが
8時間かかると、
(2000円×10個)-(8時間×1000円)=1万2000円になるという方法です。

上記は極端な計算式ですが、かかった時間分を控除するというのは賃金の計算式としては悪くないと思います。

Yahoo!しごと検索で探してみよう

トラック運転手 巻の求人情報(1件)

大型トラックドライバー(10t) 両備トランスポート株式...
  • 両備トランスポート株式会社 群馬支店
  • 正社員 新卒採用
  • 月給35万円〜
  • 新潟県新潟市西蒲区漆山
トラックマンJOB

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

you********さん

2012/5/1200:01:02

質問者様へ


1 厚労省の告示または、基発と検索すれば質問者様の

趣旨に対する内容は、出てくると思います。

また、トラックの改善基準または労基法37条当たりと推測します。

2 賃金の定額制は、原則違反ではありませんが、残業手当分については、

一律金額を労基法上で定めている金額を超えないと違反になります。


3 労働者である限り、実労働時間【残業代も同様】で賃金は計算します。


4 実労働時間で払うべきです。ノーペイ・ノーワークの原則です。

5 雑にはなりません。時間の許す限り、自分のペースで事故の無いよう

仕事しましょう。

時間のない配車が組まれている時は、配車係の責任ですので、

物理的に不可能またはそれに近い時は、配車係に相談しましょう。

安全第一を合言葉に求めれば、理解してくれるものと推測します。

zkv********さん

2012/5/1109:12:01

>大手の運送会社の手当の基準
そのようなものはないです。
平均値は探せばあると思いますが、平均値より低いからと、それ以上にする義務は会社にはないです。

運行手当(時間外手当含む) に含まれている時間外手当が、
時間外労働をした賃金なのか、
時間外労働を行ったことに対する手当なのかで意味合いが異なります。

時間外労働をした賃金の場合は、時間外労働分として、月何時間分の金額なのかを明確にしていなければなりません。
そしてその時間を超過すれば当然時間外賃金を別途支払う義務が会社にはあります。

時間外の賃金に関しては、
所定労働時間を越えて働けば時間外賃金が発生し、
法定労働時間を越えれば、越えた分の賃金に2割5分増しをして支払う義務が会社にあります。

22時から翌5時の時間帯に働かせれば、通常賃金に2割5分増しで支払う必要があり、
時間外と重なれば、時間外と足して5割増しになります。
休日出勤(法定休日)は、通常賃金の3割5分増しで、休日出勤で時間外労働をすれば、足して6割増しになります。

通常賃金は、時給せいなら時給額、
日給なら、日給を所定労働時間で割った金額。

月給制(日給月給や完全月給)なら、月の平均所定労働時間を出して、時給換算した時給額になります。


また、時間外賃金は所定労働時間を1分でも超過して働けば支給しなければなりませんが、
月のトータルで30分未満の場合は切り捨てが出来ます。


但し上記は、雇用されているのが前提です。
運送業務の委託契約であれば労基法は適用されません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる