ここから本文です

Canonプリンターのエラーと掃除について インク吹き出し口?(~ユニット?)の掃...

sakurasinonomeさん

2012/5/1223:58:49

Canonプリンターのエラーと掃除について
インク吹き出し口?(~ユニット?)の掃除をダメもとでしたいです!場所を教えてください。


Canon プリンターip6000dを使用しているのですが、近頃「6c00」のエラーがでていて、買い替え時かなと思いつつ、ネットで廃インクのスポンジを洗ってリセット!を拝見しダメ元でやってみました。

組立も終えたのですが、今度は印刷できたり(チェックパターン印刷など)エラーだったりで「6A00(クリーンヘッドの硬いスポンジを押すと治るのですが。。)」や「6C00」がでます。

再度調べると、これはインク吹き出し口(なんとかユニット?)の消耗によるのでしょうか。
せっかくここまでやったことと、掃除したら治った!という人もいたので掃除してみたいんですが、どこですか?
ご存知のかたいらっしゃいましたらお願いします。

真剣ですので、買い替えろ!捨てろ!というのはご遠慮ください。もちろん自己責任で行ってます。

補足具体策はない感じでしょうか。

閲覧数:
4,763
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a123acngさん

2012/5/1311:09:00

プリンタの修理屋です。

厳しい書き方になってしまいますけど、機種名も正確にわからず、「インク吹き出し口?(~ユニット?)の掃除」の意味が判らないのでしたらあきらめてください。
おそらく、iP6100Dという機種でしょうけど、メーカーの修理サポートも終了していて修理も受け付けてくれませんし、部品の供給も止まっています。
ご自分でどうにかしたいという気持ちはわかりますけど、プリンタの故障というのは、それほど甘いものではありません。


まず、「インク吹き出し口?(~ユニット?)の掃除」の件。
プリントヘッドの掃除を言っているのでしょうけど、今回の件には全くといって関係ありません。
逆に今回の影響でプリントヘッドが悪くなることはあります。
当然、メーカーはそのようなことは想定していませんし、洗浄による悪影響も考えられます。
廃インク吸収体の洗浄・リセットなどは全く関係ありません。


インクを全部とって、インクの横のレバーを持ち上げればプリントヘッドが取れます。
最初にセットアップしたときにかならづプリントヘッドを取り付けているはずですので、その逆の操作です。

なお、この機種は全色染料インクですので、ヘッド内部でインクが固まって詰まるという事は考えにくいことです。
かすれたりした場合はプリントヘッドの電気回路の不良の確率は高いです。
この場合はヘッド交換以外に手がありません。プリントヘッドの供給が止まっている以上、この時点で廃棄が決定的になります。


6C00と6A00は若干意味が異なります。
他の回答者さんが書かれている通り、6C00はマイクロスイッチの故障の可能性はあります。
この2つのエラーコードは、パージユニットという重要なユニットの動作のタイミングが狂っているという事をあらわしています。
6C00はそのマイクロスイッチが規定のタイミングでON-OFFしていないという事。
6A00は他のユニットとの連携でタイミングずれが出ているという事です。

両方のエラーが出ているという事でしたら、マイクロスイッチの故障よりも、メカユニット自体の動作不良を疑ったほうが良いですね。
他のところにもセンサが仕込んであり、そういったものの故障も考えられます。

商売として修理する場合、このあたりは「パージユニット」と言うユニットでしか部品が出ませんので、ユニット交換で対応していました。そのほうが確実という事もありましたしね。


パージユニットはノズルの吸引、清掃を行います。ユニット自体は廃インクまみれになっていて、それが堆積して動作不良につながることもあります。
その影響でギア関係に大きな負荷がかかり、軸受けの磨耗が進み、分解して組みなおしてもまともに動かないことがほとんどでした。
取り外すにはかなり分解しなければならないはずですし、組立のときに位相合わせがあったはずですので、やらないほうが賢明です。
詳細については、私も守秘義務がございますのでかけませんが、
この機種が現役だった頃はメーカーの指定の手順で行っても上手く動かないことが多々あった機種です。
そのせいか、翌年のiP4200からはメカ的な位相合わせは無くなってセンサで制御する方式になりました。


個人の趣味として追求してみたいというのでしたら止めはしませんけど、復活する可能性は1%も無いと思います。

質問した人からのコメント

2012/5/13 14:05:26

驚く お二方、ありがとうございます。そのパージユニットのことでした。ちらほら載っていたもので、ダメ元での質問でした。プリントヘッドは流石に即取り外しできますからね(^^ゞ
実家のプリンターで、多分詰め替えインクです。。。
買換えは考えてましたので、そうします!いろいろ教えていただいて、ありがとうございました☆(^-^)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bicnakayo4さん

編集あり2012/5/1301:13:40

「6C00」に関しては、添付画像(これは構造的に似ているiP4100です)の赤丸部分にある「マイクロスイッチ」のトラブルが原因と予想されます。
具体的には「マイクロスイッチ」内部の接点不良です。
「マイクロスイッチ」を分解して、接点復活剤にて修理できる事が可能な場合があります。

「6A00」は赤矢印部分の動きが悪くなっていると発生しやすいです。
ちなみに画像に写っているのは「パージユニット」と呼ばれる装置です。
「硬いスポンジ」→「ヘッドのキャップ」で、他に「ワイパー」と「ポンプ」、「センサー」で構成されます。
ちなみに「6A00」が起きた時には「ヘッドのキャップ」と「ワイパー」が接触していると思います。

それから「インク吹き出し口」とはヘッドのノズルの事だと思いますが、チェックパターン印刷でカスレが無ければ、下手に触らない方がいいです。
「6C00」「6A00」とも、ヘッドのノズルとは関係ありません。
(a123acngさんの意見も聞きたいのですが回答してくれないかな)

「6C00」に関しては、添付画像(これは構造的に似ているiP4100です)の赤丸部分にある「マイクロスイッチ」のト...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。