ここから本文です

投資での日経225先物と株365日経225取引 について。 これら2取引はよくよく比較さ...

ko7********さん

2012/5/1310:17:28

投資での日経225先物と株365日経225取引 について。
これら2取引はよくよく比較されておりますが、どちらがトレーダーによって優位なのでしょうか。
どちらもリスクがある以上、優位性はない、の意見はご遠慮下さい。

どちらの投資ともに説明書籍・雑誌はありますが、どちらともに特徴や優勢をうたっており、比較優位性がよくわかりません。

株365での日経225取引 での説明では

レバレッジが高い(数倍から数十倍?) という説明が随所にありますが、日経225(ミニ)では100倍だった気がします。
日経225(ミニ)での手数料はとても安い(1取引数十円程度)のですが、株365日経225では配当金受け取り云々など「受け取れる」との宣伝が目立ち、実際には配当金を支払ったり利息を払う場面が存在するように受け取れるのですね。

つまり
この株365での日経225取引 のほうが 有利 だという解釈をしてしまいそうなのです。

確かに、取引時間は日経225(ミニ)先物取引より長くほぼ24時間態勢ですし、祝日も取引できるメリットはあります。
しかしながら、実際に実トレードしてみての情報や意見がまったくなく、優位性や有利性を判断しにくいのです。


両者を比較した場合、
「まったく同じ資金」、「まったく同じ枚数(同じ売買金額のこと)」、同じ変動幅で利益確定した場合、どう違ってくるのか。

知りたいのはこの点で、明確に知りたく、ご存知の方から教えていただきたいです。
注文方法・方式は両者ともに同等としてでの比較です。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,299
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gog********さん

編集あり2012/5/1809:22:22

かなり曖昧な記憶ですがご参考までに。

日経225先物とくりっく株365ですが、リスク管理という点ではくりっく株365が優秀だったと思います。
日経225先物はイブニングやナイトセッションなどもありますが取引できない時間帯というものがあります。
その時に大きく値動きした場合損をする可能性が大きいですが、くりっく株365ではほぼ24時間の取引となるのでちゃんと値動きを見ているかロスカット指定をしていればその心配がありません。
それと1円単位での取引が出来るのも大きいかもしれません。

しかし質問者さんの「まったく同じ資金」、「まったく同じ枚数(同じ売買金額のこと)」、同じ変動幅で利益確定した場合では日経225先物が有利です。
くりっく株365は簡単に言ってしまえばFXと同じ売買方式をとっているため売りと買いでの値段にスプレッドがあります。
価格の差が激しい日などはスプレッド幅も広がり自分が読んだ動きと逆の動きをした場合の損失も大きくなります。もちろん利益も少なくなります。
10000円のときに買ったのに値動きなしで、すぐに売っても9990円だったりするわけです。
さらに手数料も若干と言うか倍くらい違ったはずです。

リスク管理はくりっく株365、利益のみを考えるなら日経225先物といった感じでしょうか。
自分の取引スタイルに合わせて変えるのが良いと思います。

質問した人からのコメント

2012/5/19 14:59:59

感謝 大変わかりやすいご丁寧な説明を感謝いたします。ありがとうございました。参考にさせて頂き今後の検討に活かさせて頂きます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる