ここから本文です

屋根の材質が違うとおかしいですよね? リフォームを考えていますが、理想は瓦調...

abe********さん

2012/5/1609:44:14

屋根の材質が違うとおかしいですよね?
リフォームを考えていますが、理想は瓦調ガルバリウムのカバー工法です。
しかし、意外と予算がかさんだため、途方にくれています。
ほとんど見えない2階の屋根にそんなに予算を

かけるのも・・・
この際、1階の屋根だけでもガルバリウム、2階は同じ色に塗装して済ませようかと検討中です。
そこでお伺いしたいのですが、皆さんは1階と2階が違う家を見たことがありますか?
それはどのように施工されていて、違和感としてはどれくらいですか?
まったく個人的意見で構いません。
よろしくお願いします。

閲覧数:
484
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xit********さん

2012/5/1717:50:08

大屋根がコロニアルで

下屋が瓦調のカバールーフというのは


確かにバランスが悪いと思います



しかし下から見えないなら

全然気にする必要はないでしょう



よその家の屋根をじっくり見るのは

屋根の飛び込み営業くらいのはずです



瓦風の屋根でカバールーフというと

洋瓦に似せた感じの屋根材だと思いますが

確かに材料費は高くつきます



しかし通気がありますから

軒先での吸気と
棟際での排気を考慮した工法にすれば

夏の暑さは
かなり変わると思われます


昼間は一階にいることが多いでしょうし

二階は網戸で解放すれば

なんとか涼しくなるはずですから


一階屋根に費用をかけるのは間違っていないと思います



二階がどうしても暑いなら

将来的に
コロニアルかガルバの

通気工法にすればよいでしょう



しかしあえて個人的な意見を言わせていただくなら


高価な屋根材を使わなくても

板金屋に頼めば


安くできるガルバの
カバールーフができるはずです


裏張りのある材料を使い

遮熱シートを敷けば

エアコンの電気代はかなり節約できると思います

質問した人からのコメント

2012/5/22 14:45:09

皆さん、ありがとうございます。アンケートなので本来投票によってBAを決めるべきなのですが、一番気持ちの近い方がいらしたので、こちらの方に決めました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lun********さん

2012/5/1714:48:31

ありますし、施工したこともあります。2階は瓦で1階はガルバニウムです。違和感は色合いしだいだと思います。

tsu********さん

2012/5/1612:12:21

昔なら大屋根が日本瓦、下屋がトタン葺きというのは良く見掛けました。

本来なら同じ素材が良いでしょうが、個人的にはあまり気にならないかなと思っています。

ただ、大屋根(二階屋根)の方がメンテナンスが大変ですし、今後の事も考えると、大屋根をカバー工法で、下屋を塗装でなさるのが宜しいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる