伏見稲荷神社の建立目的は何でしょうか?INRI(イエスキリスト)や当時の藤原氏との関係は、どうだったのでしょうか?

日本史1,268閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(1件)

「キリスト」とは単に「同音」なだけなのでは? 京都の「伏見稲荷大社」の祭神は「宇迦之御魂大神」で、「山城国風土記、逸文」には「秦氏の氏神の、伊奈利の神を祭ったのが始まり」とある。 平安遷都のあと、秦氏の力によって、「稲荷信仰」は隆盛となり、弘法大師の力によって「東寺の鎮守神」となったという。そのあとは、「真言宗の全国布教」とともに「稲荷信仰」も全国に広がり、流行した、という。 藤原氏のネタは知らないのであしからず。関係あったかもしれませんが。 この「伊奈利(いなり)」は「稲生り(いねなり)」が音の元だろうといわれ、「稲荷」の字は「稲束を天秤でかついでいる翁像」を神像としている事から「稲を荷う」という字を当てたらしい。 ちなみに「キツネ」は「神使(神様の使い)」でして、「お稲荷様はキツネ」というのは正確には間違いですね。 まぁ、今は同一視してもいいのかもしれない、と「キツネ耳の女の子」のアニメを見ると思ったりするが…。