ここから本文です

今年のお米と去年のお米の比較

アバター

ID非公開さん

2012/5/1810:13:42

今年のお米と去年のお米の比較

去年収穫されたお米。
今年収穫されるお米。
秋に収穫されてから同時に比べたらどっちが放射性物質は少なそうですか?

理由も教えて

補足収穫のときに同じだったら1年ぶんだけ放射性物質が減ったりしませんか?

閲覧数:
190
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2012/5/1811:07:10

水田の場所によるのでは・・・
谷間の水田、低湿地の水田は増えるのか・・・
全体に減る傾向にあるのですがスポット的に増える地区もあるのかなー・・・
ビミョーですね・・・
セシュウムは対策をすればかなり効果あるようです。

水田の場所によるのでは・・・
谷間の水田、低湿地の水田は増えるのか・・・...

アバター

質問した人からのコメント

2012/5/22 12:52:47

降参 最初に回答くれた人に

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

den********さん

編集あり2012/5/2110:24:10

同じです。
検査して、出荷できないものをはじいてますから

しいて言えば
測定器の精度によって影響します。

福島→ND(測定限界以下)=10ベクレル
新潟→10ベクレルから、5ベクレル測れるものに変更(昨年収穫以降)
福島隣県→20ベクレル

予備検査で、ND以外は、出荷しない措置をどの県(というよりJAが)もとりましたから、NDしか出荷していません
※検査かいくぐって出ちゃったのは除く

4月に暫定基準が厳しくなりましたが、農家側に影響はほとんどありません
なぜなら、昨年度から、NDしか採用していませんのでね。
食の安心、安全という観点で、国の暫定基準は無視しています
それが実態です

各県のホームページで測定結果を確認することが出来ます

※補足が付きましたので

認識が違いますね
半減期を迎えたら、放射能濃度は当然下がります
私が言ったのは、出荷(売り物)するものは、ND(測定限界以下)のものしか取り扱わないように調整しているので、市場に出回らないようになっている。
つまり、昨年も今年も品質はNDである。ということを言いたかっただけです
ND以外=測定器反応有り の場合は、収穫段階で収穫用の袋、集めるライスセンターも別枠に設定してやっていますので、始めから違う扱いになっていますよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる