ここから本文です

ギターの変則チューニングについて

k_y********さん

2012/5/1919:11:44

ギターの変則チューニングについて

全弦半音下げチューニングの指示がある楽曲なのに、5線譜の上のコード表記がレギュラーチューニングのままで書かれている気がします。
例えばレギュラーチューニングで ※[5弦解放/4弦2F/3弦2F] だと"A"になりますが、全弦半音下げチューニングで同じポジションを押えると、鳴らす音は"G#"になると思います。
しかし、半音下げチューニングの指示の曲(例えばXのSILENT JEALOUSY)の、※と同じポジションのコード表記は"A"となっています。
これはどういう事なのですか?よろしくお願いいたします。

閲覧数:
396
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ilo********さん

2012/5/2011:03:16

半音下げチューニングの状態では、実際の音はA→A♭(G♯)となります。
しかし、半音下げチューニングの状態でA♭のコードを鳴らしてみて下さい。すると、実際にはGの音になりますよね?A♭を鳴らさなければならないのに、Gが鳴ってしまいます。
このように、半音下げチューニングの状態で半音下げのコード表記をすると、元の音よりも1音下がってしまい、実際には半音下げた音が鳴らないので、これを避けるために通常のコードを表記しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる