ここから本文です

火災保険、火災共済の支払い対象枠について。 再取得価格、とうたっている火災保...

s2s********さん

2012/5/1923:50:47

火災保険、火災共済の支払い対象枠について。
再取得価格、とうたっている火災保険などの場合、あくまでも再取得価格だから二重で保障がでる事はないですよね?
つまり、マンションで自分は家財に加入していた。上階(火災保険加入者)から漏水してきて(元栓閉め忘れなど)水が落ちて自分の家のPCや家電(総額50万と仮定)が壊れた。上階者は火災保険の「漏水見舞金」から今回の壊れたPC代等を保障出来ると言われた。
しかし、1世帯あたり保障出来るのは30万まで、と言われている。
自分も火災保険家財契約があるので請求できる、という状況だとします。
この場合、上階から30万+自分保険20万で保障が出るのか。
再取得価格だから上階から30万+自分保険50万が出るのか。
どちらでしょうか?

ちなみに医療保険とかは例えば車事故にあった場合、加害者の自動車保険からの被害者の入院保障+被害者が加入している医療保険の入院保障、として、特に他社からの重複保障の有無は問われないですよね?
あくまでも、火災保険は家に対する再取得価格損害だから、それ以上は出ないのでしょうか??

閲覧数:
738
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

編集あり2012/5/2008:34:10

再取得価額というのは、あくまで上限がそうだという事です。
したがって、

>この場合、上階から30万+自分保険20万で保障が出るのか。

という事で、基本的には言われる通りです。
いづれにしても、賠償金と貴方の保険の合計で、再調達価額で計算した
損害額を超えることはあり得ません。

したがって、
>再取得価格だから上階から30万+自分保険50万が出るのか。

はあり得ません。

なお、建物だけではなく、家財でも再調達価額での付保は可能です。

質問した人からのコメント

2012/5/20 21:29:40

成功 ありがとうございます!分かりやすかったです!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kac********さん

編集あり2012/5/2016:16:31

貴方にとっては 50万円=相手30万円+家財20万円 で間違いないと思います。

(貴方が特約(臨時費用など)も付帯していればプラスαが・・・。)

ただし、相手は、おそらく共済でしょう。(保険なら賠償は通常1億または無制限だと)

貴方が契約している保険会社は相手(上階者)に20万円の請求をするでしょう。

なぜなら、上階者は全額賠償する責任(50万円)があり、貴方の保険会社は

余計な保険金の支払いをしており、貴方の変わりに権利(20万円)を行使するかと。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる