ここから本文です

鏡 写真 顔

jin********さん

2012/5/2522:44:27

鏡 写真 顔

なぜ、写真と鏡とでは、顔が違うのですか?

よくある答えでは、鏡は主観がはいるからとか、左右反対だからと言われ、
写真ではレンズの種類によって違うとかいろいろありますが、

鏡では左右反対だから、写真が本当の顔だ。
写真ではレンズの種類によって使い分ける必要があるから、鏡が本当の顔だ。

この2つの主張は分かりますが、鏡は主観がはいるという主張がよくわかりません。

この2つはちゃんと具体的なものですが、主観というのは、抽象的すぎて意味が分かりません。

脳がそうなっているっていってしまえば、おしまいですが、具体的な原因があれば知りたいです。

この原因について知ってる人はご回答おねがいします。

補足お二人のご回答は、はじめて知りました。
ありがとうございます。

私の質問の仕方が悪かったのですが、鏡には主観が入るということに、
疑問を抱いてます。

よろしければ、こちらの理由をご存じでしたら、再びご回答おねがいします。

閲覧数:
2,121
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ae_********さん

編集あり2012/5/2704:35:53

●補足については下の方に書いてます。


まず他人が見た顔。これが最も正確です。


本人が、どれだけ自分の現状を良く見てくれと願っても、他人、特に見ず知らずの人の顔への評価が正確なのは変わりません。


では鏡と写真はどちらが…?


それは写真と私は思います。やはり左右反対、それも「あいうえお」が「おえういあ」の逆像として映るのでなく「あいうえお」の逆像として映ります。これだけでも随分印象が変わります。余程顔が見事なシンメトリー顔なら良いでしょうが、そういう方は多分こういうことで悩みません。人間は本能でシンメトリー顔が良い顔と判断するからです。


写真のレンズの歪みは、魚眼レンズ~24ミリ相当の広角レンズのようなものでなければ微妙な歪みに過ぎません。もちろん正確かというと100パーセントではないかも知れませんが、鏡よりは比較的正確とは言えます。



補足について


鏡に限らず人間、自分が見るものは全て主観が入ります。程度の違いはありますが。

花を見てキレイかキレイじゃないかと思うのも主観です。料理を美味いかどうかと思うのも主観です。

自分が見てどう思うかは自由であって、自由に思うことは既に主観です。たとえ客観的に見たと言っても客観的に見た主観に過ぎません。


さて鏡に主観が入りやすいのは、写真に比べて真実味が欠けるイコール自分の主観を挟める余地が残ってることを暗に分かっているからかと思います。自分で自分の逆像を瞬時に見るのと、相手がカメラという機械とはいえ他者が作成した正像を見るのでは、主観を挟める余地が比較的あるのは鏡ですから。

質問した人からのコメント

2012/5/28 19:26:57

みなさんご回答ありがとうございました。
どれも参考になったのですが、一番求めてた回答に近かったので、この回答をベストアンサーにしました。

「鏡と写真で顔が違う」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2012/5/2618:39:56

鏡で見た自分の姿が正しい。

ただし!見方があります。2枚の同じ鏡をその鏡面の角度が90度になるように置いて見る。他人から見た自分の姿が見られます。
不思議なことに、その鏡の自分と目を合わせようとしても合わせられません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

編集あり2012/5/2621:16:48

補足
主観とは「個人的な思考」この場合は鏡や写真を見る時に「本当の自分の顔はこうだ」と潜在的脳内に作り出している顔です。ですので、自分で理想とする顔と異なり「これは変」とか「良く撮れた」と感じる心と脳の目です。

なので、主観に根拠を求める事は愚問です。

「鏡には主観が入る」…その考えこそが主観です。

それぞれの感じかた一つで物の見え方は違うとゆうことです。
少しはご理解頂けたでしょうか。
…………………………………
…………………………………

結論から言うと
写真も鏡も実像ではありません。他人が直接見る顔だけが実です。

まず、ほとんどの鏡には凹凸があります。設置されている場所により使い分けされていたりします。服屋さんなどでは凹鏡を使いスタイル良く見せるようにしています。それから鏡のある場所のほとんど顔が綺麗に映るようにはライティングされていません。その為に毛穴やシワが極端に見えてしまったりします。他にも理由はありますが、こんな感じです。


次に写真
こちらも平面レンズはありません。標準とされるれんずも平面ではありません。当然形は変化しています。また撮影方法でも様々な顔になります。これはライティングによります。証明写真機械は正面から強い光…顔が平面に写ります。晴れた外なら逆光で暗くなるか、直射で毛穴が消えます。こちらも細かく言えば様々理由はあります。


ですので他人が直接見る顔だけが、本物の質感であり形であり大きさです。(厳密に言うと人間の眼も凸レンズなんですけどね)

科学的理論ではこうですが

自分が一番好きな顔
それが本当の顔と信じればいいと私なら考えますよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる