ここから本文です

社会保険料の給与からの天引きについて教えてください。 転職をして今年の3月27...

pol********さん

2012/6/908:25:46

社会保険料の給与からの天引きについて教えてください。

転職をして今年の3月27日に入社しました。
お給料は末締、翌月10日払いです。
月279,000円で3か月に1度交通費が21,320円です。

4月10日支給額

①57520円(交通費込)日割り計算です。

5月10日支給額
②279,000+交通費で300,320円
天引き
・健康保険:17,946円
・厚生年金:29,542円
・雇用保険:1,507円
・所得税:5,750円
合計:54,745円
健康保険と厚生年金が高いと思いましたが、
①分をプラスした額にかけられているんだろうな、
と納得しました。

6月10日支給額
③279,000
天引き
・54,648円
株式会社ですが規模が小さいので、節約しているみたいで、
明細は最初しか渡さないと言われました。
「どうせずっと同じだから」と。

②と③でほとんど天引き額が変わらないのでびっくりしました。

社会保険料の徴収額は10月に見直しがあるとのことですが、
これって、10月まで①+②の額で引かれ続けるということなのでしょうか。

住民税を自分で払わなくてはいけないので
さらに減ると思うと。。。。

ちなみに、以前の職場では
支給額は③より少し多めで
・厚生年金:21,986円
・健康保険:10,500円でした。

会社の担当者に聞きづらく、
ネットでも調べたのですが不安になってしまいました。

お分かりになる方教えてください。
よろしくお願いいたします。

補足丁寧なご回答ありがとうございます。

諸手当は交通費のみです。
基本給で279,000円です。

扶養家族はありません。
40歳未満で介護保険も該当しません。

基本給のみで残業代、見込残業代も無いので
支給は昇級がない限り279,000円で変動しません。
交通費は3か月に1度21,320円です。

今のところ業績の問題からボーナスは無です。

会社のに問い合わせるべきか悩んでおります。
上記補足で、何かわかることがありましたら教えて下さい。

この質問は、30代の女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
7,545
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kun********さん

編集あり2012/6/911:42:42

社会保険の金額は税金のように支給額から算出するのではなく

加入の届け出で金額がきまり、大きな変更がないかぎり、

毎年9月に改定(10月給料より控除)される以外は変更ありません。


届け出の金額には、給与以外に交通費も残業代も含んだ金額です。



あなたの社会保険料はその込金額が35万円くらいの届け出になっていることに

なります。

支給額279000から天引きされて手取りが220000円くらいというこでしょうか?

そうだとすると社会保険料は多すぎますね。

支給額34万で天引きされて、交通費を足されているくらいの計算になっています。



以前の会社は逆に少なすぎる気がします。

1か月だけ多くても平均して少なければ少ない社会保険料ですむことはありますが



<補足を読みました>

やはり多すぎるようですね

下記の表をみてみると

あなたの等級は21等級なのですが

金額は25等級で天引きされています

実はこの25等級というのは厚生年金の21等級なのです。

これが原因で間違われているのかもしれませんね。

「社会保険が多い気がするのですが・・・」と

言ってみていいと思います。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/91737/13.pdf

質問した人からのコメント

2012/6/10 18:41:57

降参 たくさんのご回答ありがとうございました。
暫定措置であることを念頭におきつつ、
担当者に確認してみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bab********さん

リクエストマッチ

2012/6/909:03:27

小さい会社であれば単純に担当者が等級を間違えてるってことはないですかね?
社会保険料は労使折半なわけで、このままですと会社も本来より多くの負担になりますから
聞いてみるのはいいことだと思います。

仮に、そこで何か納得いかない事態になれば、
会社の体質そのものに問題アリということになるかもしれませんが
普通は単なるミスじゃないかなあと思います。

com********さん

編集あり2012/6/909:30:03

保険料は、標準報酬月額により徴収されます。
◦対象となるのは、7月1日現在の被保険者について、4月・5月・6月に受けた報酬の平均額を標準報酬月額等級区分にあてはめて、その年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額を決定します。なお、支払基礎日数が、17日未満の月については、標準報酬月額の計算から除くことになっています。
◦ただし、次のいずれかに該当する人は、定時決定は行われません。
■6月1日から7月1日までの間に被保険者となった人
■7月から9月までのいずれかの月に随時改定または、育児休業等を終了した際の改定が行われる人

このような規定がありますから、現状は、暫定的処置と考えられます。
厚生年金の29.542円は、25級36万の給与で、雇用保険1.507 円は、30万の給与です。

もっと正確な数字をお知りになりたいなら、本給・諸手当・交通費・所得税金額等の給与明細の数字を全部記入し、扶養者の有無をお書きください。記載された数字だけでは、判断できません。


【補足】・・暫定処置であることを認識してください。
279.000円が確定したなら、21級28万円の計算になり、
健康保険14.042 円
厚生年金22.977 円
雇用保険1.395 円
所得税 6.080 円です。

dec********さん

2012/6/908:41:02

こんにちは。
会社で引かれる保険料は、ひと月遅れがほとんどなので、
②で引かれている保険料は、ひと月分の事業主との折半の金額かと思います。

報酬的には36万円の報酬のランクでしょうか。
でも”ずっと同じだから”と言うことは、残業の見込みはないのですかね?

不安でしたら、年金事務所に報酬を照会すると良いかと思います。
今は、年金機構のネットでも照会出来るようですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる