ここから本文です

「人間は考える動物」と「人間は考える輩」とはなにがちがうのですか?

gre********さん

2012/6/1521:24:53

「人間は考える動物」と「人間は考える輩」とはなにがちがうのですか?

意味もわかりやすく説明してほしいです><

補足すみません

人間は考える葦」と「人間は考える動物」の違いでした

閲覧数:
1,395
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

twe********さん

2012/6/1607:09:16

人間は考える葦であるというのはバスカルの言葉で、風(自然や社会の猛威)に対しては、それに押し潰されそうになる弱い存在でしかないが、それが何かを知っている(知ろうとすることができる)存在である、そこに人間の尊厳があるという意味。葦は大木との対比。大木はやみくもに風に抵抗して倒れることもあるけど、葦は風に押し潰されそうになっても折れることはない、との比喩だよ。

考える動物というのは、もっと自然や環境への働きかけを重視した見方で、人間が他の動物とは違い道具や文化をもっていることを強調した科学的な捉え方じゃないかな。

質問した人からのコメント

2012/6/16 10:09:53

ありがとうございました!!「葦」って植物の名前だったんですね<^!^>

よく考えてみるとすごくふかいかんがえだったので驚きです・・

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ito********さん

2012/6/1604:33:16

葦というのは、風が吹いたらポキンと折れてしまうような弱い存在ですが、動物にはあまり弱いというイメージがないので、葦でたとえたのだと思います。

nan********さん

2012/6/1522:42:46

前者は哲学的文脈から発信された言葉。(パスカル)

後者は動物行動学あたりから発信された言葉。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる