ここから本文です

ボクシングの判定勝ちほどつまらないものってないですよね? どちらかが倒れるま...

anm********さん

2012/6/2023:48:56

ボクシングの判定勝ちほどつまらないものってないですよね?
どちらかが倒れるまでやるべきではないでしょうか?不可解なジャッジも多いし、ボクシング人気の低迷は判定制度にあるのではないでしょうか?

閲覧数:
1,016
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wam********さん

2012/6/2107:41:28

19世紀半ばにグローブ着用のクィーンズベリールールが成立する以前、現在のようにコミッションもなく、ルールもしっかり整備されているとは言い難い草試合が主だった時代は、ラウンドは無制限でどちらか一方が本当に戦えなくなるまで試合が続きました。

死亡事故が絶えないボクシングは、発祥国である英国も含めたヨーロッパ諸国はもちろん、アメリカ(州によって対応は異なる)でも、常に禁止論との戦いを強いられ続けた。日本におけるボクシングの開祖、渡辺勇次郎が渡米した二十世紀初頭のカリフォルニアでは、プロボクシングは4回戦しか認められていなかった。

死亡などの重大な事故を防止するとともに、法律による禁止を免れるため、「ベアナックルこそが男の闘い。手袋なんぞしていられるか」と言い放ち、グローブ着用に根強い抵抗を示したベアナックル時代のプライズファイターたちも、グローブルールを受け入れざるを得なくなっていきます。1892年にジョン・L・サリバンがクィーンズベリールールによる最初のヘビー級のタイトルマッチを行い、ボクシングは近代スポーツへと大きく歩み出します。

世界戦の15ラウンド制が定着するのは1940年代以降で、米英両国を中心とした西欧先進諸国でラジオとテレビが普及し、道路網や交通手段が大幅に進歩改善されたことで、現在につながる興行の形態が出来上がった。

選手の健康を守るということ以上に、プロスポーツがビジネスとして成立するためには、一定の時間で決着を着ける必要があります。テレビ中継の有る無しに関わらず、観客の安全な帰宅を担保するのも主催者側の大事な仕事の1つ。一晩中殴り合いを続けるわけにはいきません。

サッカーだって、「0-0なんてつまらん。どちらかがゴールを決めるまで延々試合を続けろ!」なんて言えません。日本のプロ野球は昔から延長戦に制限を設けていますが、監督の采配や捕手の配球も含めた打者×投手の駆け引きを好む傾向がアメリカに比べて格段に強く、試合時間の短縮に頭を痛めて続けている。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pip********さん

2012/6/2100:52:20

倒れるまでやるっていうのはボクサーの健康面を考えたら無理かと・・・
私はダウンを奪ったときのポイント差が少なすぎると思うんですよね~
最近の採点は両者ともにイーブンの内容でもどちらかに10-9の採点をつけるようにしてますよね?
にもかかわらず、ダウンを1回奪ったときの採点は昔と同じように10-8になるのが一般的ですよね?ダウンを2回奪っても10-7とかにしかならない
それがそもそもの間違いだと思うんです~
せっかく10点満点で採点しているんだから、内容にもよるとは思うけどダウンを1回奪ったら10-7とか10-6とか付けたり、KO寸前まで言ったら10-5とか10-4とかつけるようしたりすればいいと思うんです~
そうする採点をすることによってダウンを奪いにいく戦い方が増えると思うし、一発逆転だって増えるだろうし、ボクシングがもっと面白いものになるのではないかと思うんです~

tod********さん

2012/6/2100:14:42

一般の人から見るとそういう意見も少なくないですね。しかしマニアからすると規定のラウンド内の勝負だからこその駆け引き(スタミナ配分等)も面白かったりするんですよ(笑)。
最初から倒す気のないようなボクシングはつまらないけど結果として判定になったような試合は全然おもしろいですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる