ここから本文です

バラは、挿し木と接ぎ木があるようですが、やり方ご違う以外に、何がどう違うので...

ang********さん

2012/6/2910:15:15

バラは、挿し木と接ぎ木があるようですが、やり方ご違う以外に、何がどう違うのですか??

閲覧数:
423
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2012/6/2910:45:38

お早う御座います。
バラも挿木で容易に発根するタイプと、発根が極めて難しいか駄目な品種も有ります。
そこで発根の難しい品種では接木にて増やします。
また、接木は現在ではノバラの実生に接木する事が殆んどで、接木苗を早期に大きくすると共に、病害との繋がりをも少なくします。
御存知かと思いますが、バラは根頭癌腫病との厄介な不治の病と言える様な病害が有ります。これは土の中からも伝染すると言われていますので、切り口を直接に土壌に挿す挿し木を避けるとの意味も有ります。

生産業者さんからすれば、早期にバラ苗を大きく強健に育てられる接木を選びます。何しろ接木は高額に販売可能であるのと、挿木では数芽の付いた挿し穂が必用ですが、接木では一芽で芽接ぎが出来ますので、貴重な品種の増産が早くなります。

質問した人からのコメント

2012/7/3 15:28:01

なるほど~挿し木は簡単なのでよくやっていましたが次は接ぎ木に挑戦してみます!ありがとうございました(^^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる