ここから本文です

ザ・ピーナッツは75年に引退したそうですが、当時を知っている方、引退の理由は...

ang********さん

2012/6/2919:56:15

ザ・ピーナッツは75年に引退したそうですが、当時を知っている方、引退の理由は何ですか?全盛期の引退だったらしいですが・・・

閲覧数:
6,282
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2012/6/2921:21:01

まずは、「伊藤エミ」さんのご冥福をお祈りいたします。

私は当時は小さかったので全盛期のことは存じませんが、「恋のバカンス 」「ふりむかないで」「モスラの歌」等が現在も他の歌手等で歌い継がれていますので、人気は相当だと思いますよ。

私が知ってることは、1975年に引退の記者会見、NHKホールでの「さよならコンサート」その後すぐにお姉さまの伊藤エミさんが、沢田研二さんとの結婚、離婚は覚えています。ただ、記者会見では3年くらい前から引退の意思があったそうなんで、寿退社かどうかは知りません。

また、当時はテレビがカラーでなく、白黒テレビだったのです・・・・・・・(ひゃ~歳バレバレ笑)
もちろん、カラーになっても人気はありましたね。

その後同じ事務所の「天地真理さん」「小柳ルミコさん」「キャンディーズ」などに引き継がれたのだろうと思います。

本当にご冥福お祈りいたします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ike********さん

編集あり2012/6/3016:03:19

ザ・ピーナッツの全盛期は1960年代、70年代は『大阪の女』など演歌調の曲を歌わされるなど苦戦します。ただ、70年代はナベプロ(渡辺プロダクション)帝国主義の時代、ナベプロ帝国の象徴・ピーナッツは、紅白歌合戦に連続して出場します。ナベプロの力は、民放の音楽番組の出演者まで及び、その支配に対抗するため生まれたのが1971年開始『スター誕生!』、スタ誕出身のスーパースターが山口百恵さんとなるのです。
ピーナッツ最後の出場となった1974年は、ナベプロに所属してない、百恵さん・森昌子さん・桜田淳子さんの花の高1トリオ、野口五郎さん・郷ひろみさん・西城秀樹さんの新御三家が紅白に揃い踏み、新興勢力の台頭でした。
そして、1977年ナベプロのキャンディーズを、スタ誕出身のピンク・レディーが駆逐したとき、まさに帝国の崩壊を意味したのです。

bwd********さん

2012/6/2920:02:03

全盛じゃありませんでしたよ。

仕事も減ったし、年齢的な面もあったのだと思いますよ。

いつの間にか、引退って感じだったような。

当時は、山口百恵とかが、全盛だったし。

ピーナツは、言うほど人気はありませんでしたよ。

少なくとも、頻繁にテレビに出るとかはなかったですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる