ここから本文です

なぜ小澤征爾さんはNHK交響楽団にボイコットされたのでしょうか。詳しく教えてくだ...

hah********さん

2012/7/222:38:14

なぜ小澤征爾さんはNHK交響楽団にボイコットされたのでしょうか。詳しく教えてください。

閲覧数:
40,039
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pet********さん

編集あり2012/7/321:42:05

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324846368
の回答の中に興味深いことが書いてありますよ。

音楽の旅人―ある日本人指揮者の軌跡 山田 治生 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%AE%E6%97%85%E4%BA%...
の紹介として、次のブログを紹介します。
http://blogs.yahoo.co.jp/sabotenkunkun/folder/1241809.html?m=lc&sk=...

なお、鶴我裕子さんのエッセイのことを書いている回答者がいますが、東京芸術大学器楽科卒業、1975年にNHK交響楽団入団とありますから、もし書いていても、当事者じゃなかったはずですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「N響事件」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2012/7/521:20:17

かなり有名な話です。

どうやら小澤さんは朝が苦手だったらしい。

joj********さん

2012/7/320:20:16

hak********さん

2012/7/309:30:52

日本楽壇の失われた30年。
小澤征爾が明らかに日本を代表する音楽家なのに、ある意味日本の提供できる最高の舞台に呼ぶことのできなかった時代。世界はオザワを自由に最高のオケで聴けたのに、1995年のN響客演まで日本だけがそれを許されなかった事実。
その元となった1962年末のこの事件の裏を知っている人たちももう多くが鬼籍に入ってしまいました。
一つの事実としてドイツ巨匠指揮者時代のN響において、小澤が27歳にしてタブーとされていた「日本人の常任指揮者」の座を射止めた時、彼は婚約中でありその相手が三井財閥系のピアニスト江戸京子であったということ。その父の財界における権力は絶大でNHKにも少なからぬ影響力を持っていたこと。この政治的判断に対する反発がオケ内にあったことは間違いない。
東京芸大閥ドイツ至上主義の時代のN響において、桐朋出身でアメリカ・フランス型の指揮者であった小澤では早晩団員の反発を買うことは火を見るより明らかという予測もありました。そして一部には別の芸大出身日本人指揮者をかつぐ動きも存在していたようです。それが誰であったかは今では明白です。
小澤は雑草でありながら時代の寵児でした。実力さえあれば世界は認めてくれると、かなり高慢になっていたことは事実のようです。三井財閥という経済的後ろ盾も得て順風満帆。こんな存在がエリート意識の塊であった当時のN響の多くの年長メンバーにとってどんなものだったのか。極めて日本人的対応ですが、間もなく彼は「村八分」にされたのです。
この事件後の小澤の活躍は改めて言うまでもありませんが、その根底に自分を追い出した日本楽壇に対する反骨精神があったことは疑いようもない。まあ本人も認めてますけれど。

neu********さん

編集あり2012/7/314:25:05

Wikipedia の 小澤征爾 に 詳しく出てますよ。これ以外の情報とか噂とかが知りたいということですか?

追記:
発端と言われる小澤/N響によるメシアンの「トゥランガリラ交響曲」日本初演についてこんな裏話がありました。http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-74.html

今や演奏面では国立東京芸大をはるかにしのぐ私立の桐朋学園ですが、東京芸大(東京音楽学校)の牙城だったN響側の多くの楽団員(あの海野義雄がコンマス)にとっては、当時の海のものとも山のものとも分からない海外帰りの桐朋出の小澤を軽視・敵視し、逆にブザンソン1位(といっても小澤優勝以前の指揮者で名を残している人はいないので、当時は権威にならないが)、バーンスタイン、カラヤン、ミュンシュに直接薫陶を受けた小澤側の若さと反発心が、爆発したというのが当時から多く書かれたストーリーでした。最近になって、海外公演での小澤のふり間違いや遅刻癖などを理由にする説明も出てきましたが、底流に流れるのは、日本というムラ社会での官立偏重の序列的なエリート意識と、ユニバーサルな価値観をもつようになった小生意気な若造との対立だったと総括できるのではないでしょうか? ただ、解せないのは、N響に小澤を招へいした関係者がこの件にどのように対応したのかということです。何故招へいし、何故かばわなかったのか?不思議です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる