ここから本文です

キリスト教徒がニーチェ大好きだったら、オカシイですか?

智慧杯酌さん

2012/7/710:23:50

キリスト教徒がニーチェ大好きだったら、オカシイですか?

閲覧数:
564
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syn********さん

2012/7/720:37:57

全くおかしくないです。
内村鑑三って人がいますが
この人はキリスト教徒であってもニーチェを評価しています。

また、ニーチェのキリスト教批判ってのは
パウロに批判の矛先が向いてますが、イエスにはおそらく向いていないと
思います。

暇があればドゥルーズ「批判と臨床」の
「ニーチェと聖パウロ、ロレンスとパトモスのヨハネ」という章を読んでみてください。
少しは誤解が解けるように思えます。

なお、西洋人が「宗教」という言葉を使用するとき
仏教、ヒンズー教、イスラム教を想定せず、ユダヤ・キリスト教を指しますし
キリスト教の影響を受けずに本を書いている哲学者はいません。
また、ニーチェに最も近いスピノザもイエスをかなり高く評価しています。

質問した人からのコメント

2012/7/11 08:39:28

笑う Yes!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Lichtstrahlさん

2012/7/802:55:34

おかしいでしょう
偽信者ですよそれはたぶん

twe********さん

2012/7/717:58:49

ニーチェ大好きなクリスチャンがいてもおかしくないか?という意味に理解して回答するよ。

べつにおかしいとは思わない、がボクの回答。

ニーチェはキリスト教やキリスト教徒の批判をしてるけど、特定の宗派を批判してる訳じゃない。(ニーチェは頭の中では当然いくつかの宗派を想定してたけどね)。だから、自分のことや自分の宗派を棚にあげて読んでる人がけっこう多い。だから、ニーチェといっしょになって、「うんうん、俺こそ本物のキリスト者だ」なんて、世のクリスチャンを見下して悦に入るタイプ。

もう一つはマゾタイプね。太宰なんか読んで嬉しがるタイプ。罪深さに恍惚となるやついるじゃない。ボロクソにいわれればいわれるほど、自分の深みがましていくように勘違いしてる。

クリスチャンっていったっていろいろだよ。ボクは、ニーチェも聖書も好き。だつて面白いもん。ボク、エセクリスチャンだから、回答する資格ないのかな?

プロフィール画像

カテゴリマスター

qwe********さん

2012/7/717:54:08

おかしくないんじゃないでしょうか。自分は質問者さんと逆で、アンチ・クリスチャンですが、聖書も読むし、ナザレのイエスは嫌いではないです。
既に他の方も仰っていますが、ニーチェが批判したキリスト教が宗教教義への否定ではなく、権威や体制への批判であり、それによって形成された文化的価値観への批判であると考えるならば、ニーチェに同調しつつ、キリスト教の教義に従うことは可能だろうと思います。
自分はパウロから始まる現在のキリスト教の権威的な構造が好きになれず、最終的にはアンチとならざるを得ませんでしたが、聖書でのイエスの考え方に共感することは多いです。また教会に行く機会があればシスターにいろいろと教えていただくこともあります。また、マザー・テレサやコルベ神父は人としての目標でもあります。
一言にキリスト教といっても、さまざまな側面を持つものだと思います。キリスト教に包括される全てのものが善とは残念ながら言い切れないのも事実ではないでしょうか。ニーチェが何を批判したかを冷静に把握し、その批判が妥当であり、現代のキリスト教にも同じ問題があると考え得るなら、その問題をいかにして克服するかを考えることもできますし、それは結果としてキリスト教そのものにとっても悪いことにはならないのではないかと思います。
教団に限らず、いかなるコミュニティにあっても、内部批判が許されないのなら、そのコミュニティに未来はないと思いますが、少なくとも聖書を読む限り、ナザレのイエスはそれほど狭量な人物には見えません。
ただ、イエスと質問者さんの身近な教会とは別物です。誰もがイエスほどに寛容になれるわけでもなく、もし狂信的な人間が身近に多くいたならば誤解を招くことは公言しない方がいいとも思います。アンネリーゼ・ミッシェルの事件が20世紀のできごとであることを思えば、注意深くあってもいいのではないか、と思う自分は単に臆病なのかもしれませんが。
もっともこうした言葉自体、宗教的には悪魔の言葉なのかもしれず、アンチ・クリスチャンの言葉であることは間違いないですから、最終的にはご自分でご判断ください。質問者さんの心の平和なくして、何がいいかを判じることは難しいかと思います。罪悪感がどうしても拭えないのなら、ニーチェを手離す方が問題解決が早いというのも事実だろうと思います。

brs********さん

2012/7/717:32:28

哲学と神学は真逆ですからね。

ryu********さん

編集あり2012/7/718:13:08

ニーチェのキリスト教批判の解釈はいろいろです。

ニーチェは俗物的となったキリスト教を批判したのであって、原理的なキリスト教を批判したわけではない、あるいはニーチェは表層的なキリスト教を批判したにすぎず、キリスト教の根本精神を批判できていないとする解釈もあります。マックス・シェーラーやゲオルグ・ジンメルなどはその代表例です。彼らのようにニーチェを解釈するなら、ニーチェ大好きなキリスト教徒も十分にありえますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる