ID非公開

2012/7/13 17:39

11回答

足関節に関して質問させて頂きます。去年11月の事故で足関節をかなり強くひねりスポーツ整形にて右足関節捻挫と診断されました。

足関節に関して質問させて頂きます。去年11月の事故で足関節をかなり強くひねりスポーツ整形にて右足関節捻挫と診断されました。 MRIとCT検査の結果軽度の剥離骨折の可能性もあるが、ストレスレントゲンも異常なく毎月二回のブロック注射治療で半年経過してますが、全く改善される様子もありません。先月に足関節専門の医科大学を受診すると足根洞症候群+腓骨筋痙性と診断された後に、再度MRIとCT検査をした結果、CTは足根洞付近?の骨に異常ある為に内視鏡手術により削ると言われました。しかし現在、歩行は足引きずる状況でくるぶし付近が痛く腓骨筋が突っ張り足が疲れてふくらはぎ付近がパンパンに張る状況ですので、手術して改善されるとはとても思えません。MRIの結果は同じく足根洞付近だとは思うのですが、通常骨の部分は白く映るが、空洞みたく真っ黒に映ってるので異常はありますが、内視鏡手術しないとどのような状況かは今は何とも言えませんと言われ、手術しても現在よりは良くはなりますが、元の状態には戻らないかもしれないとのことです。こちらの医科大学はMRIやCT検査ではっきりした異常を見つけてくれたので信用はしてますが、足根洞を調べると、ほとんど手術はなく内視鏡手術する場合でも今回の手術内容とは明らかに違うので、少し不安があります。現在は足関節可動域が左足と比較して1/2以下になってます。医師もこれだけ腓骨筋が張ってると歩行は相当辛いなと言われてます。そこでお聞きしたいのは、足根洞以外に他の症状はないのでしょうか?MRI画像に空洞で真っ黒に映ってるのはどのような状況なのか分からないものなのでしょうか?医師も骨に異常あるとしか言えないようです。長文になりましたが、回答及びアドバイスありましたら宜しくお願い致します。

病気、症状444閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

よく似た話がありますが、手術をする前に足首関節に正しく体重が乗り膝を曲げたり伸ばしたりする動きの時に足首関節の動きが捻れたりしていないかテストをしましたか? 足根洞症候群の場合、多くは後脛骨筋の動きが狂って腓骨筋に偏った負荷が掛かり炎症が起きるケールも多く、我々の知って居る範囲では、足の機能バランスを改善すると関節可動域も次第に回復して良くなっています。 症状や改善のスピードは個人差がありますが、手術の前に足のバランス改善を試みて見るのも良いかと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

残念ながら、その程度の痛みではないのですよ… 回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/7/20 5:50