ここから本文です

フリッツ・ラング監督『スピオーネ』のDVDについて 旧盤(安い)と紀伊国屋から出...

kod********さん

2012/7/1513:47:45

フリッツ・ラング監督『スピオーネ』のDVDについて
旧盤(安い)と紀伊国屋から出ているクリティカル・エディションのどちらを買おうか迷っているのですが、画質等具体的な違い&総合的に見て

どちらが良いかを教えていただきたいのです。やはり新盤は値が張るので...

閲覧数:
352
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mix********さん

2012/7/1521:24:11

「観られれば良い。資料とか時代背景解説とか特典映像とか不要」という
ことであれば(そういう映画ってありますから)、どちらでも大丈夫です。

旧盤は売却したので記憶のみでの記述になってしまいますが
紀伊國屋盤と比べて、いくらか画面が暗く、明滅(チラツキ)の程度が
多かったように思いますが、気分が悪くなるほどではありません。

ただ、紀伊国屋のDVDは解説書が値打ちだと思っていますし、
「スピオーネ」には特典映像68分も収録してあります。

あくまで、映画知識の多くないわたしだったらの話ですが
「ラングのドイツ時代作品まで観ようというのに
しかも購入して永く楽しもうというのに、2~3千円ケチってる場合でもない」
と考えます。

なので、わたしは紀伊国屋盤をおすすめします。

質問した人からのコメント

2012/7/15 22:44:01

近所のBOOKOFFで旧盤が安く売っていたので質問したのですが、やはりクリティカル・エディションの方が良さそうですね...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cla********さん

2012/7/1514:04:04

旧盤安いですか?
私が見た限りでは中古のみで結構なお値段(クリティカル・エディションと変わらない)でしたが…
どちらかというと旧盤は中古価格が高騰していて、
紀伊国屋からクリティカル・エディションが出て良かったという気持ちです。
紀伊国屋のクリティカル・エディションは付録のリーフレットがすごくいいですよね。
それだけで1000円くらいの値打ちがあるような内容です。
画質に関してはさほど変わりないかもしれません。

もちろんお安い中古をどこかで見つけられたのなら「買い」だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる