プロボクシングのレフェリー、ジャッジ、立会人の報酬ってどのくらいなんですか? また、その報酬は世界戦、東洋戦、日本タイトル戦、A級、B級、C級などで差があるんですか?

プロボクシングのレフェリー、ジャッジ、立会人の報酬ってどのくらいなんですか? また、その報酬は世界戦、東洋戦、日本タイトル戦、A級、B級、C級などで差があるんですか?

ボクシング901閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

2007年~08年当時のデータですが、WBAとWBCの審判員と立会人への報酬規定です。 ◎WBA レフェリー:1,900 USドル,ジャッジ:1,600 USドル,立会人(スーパーバイザー):500 USドル(一律) ◎WBC:承認料と同様、:選手が受け取る試合報酬の総額に応じて変動 ①報酬総額10万USドル以下:レフェリー1,600 USドル,ジャッジ:1,300 USドル ②//100,001~250,000 USドル:R 1,800 USドル,J 1,400 USドル ③//250,001~1,000,000 USドル:R 2,250 USドル,J 1,950 USドル ④//1,000,001~5,000,000 USドル:R 3,150 USドル,J 2,450 USドル ⑤//5,000,001~10,000,000 USドル:R 4,150 USドル,J 2,950 USドル ⑥//10,000,000 USドル以上:R 8,150 USドル,J 5,150 USドル ⑦立会人(スーパーバイザー):500 USドル(一律) ◎OPBFタイトルマッチ:OPBFルールの中で以下の通り規定されています ①レフェリー:自国外600 USドル,自国内300 USドル ②ジャッジ:自国外400 USドル,200 USドル *立会人の報酬については記載無し *ルールに明記はありませんが、ひょっとしたら立会人だけは、プロモーターがOPBFに支払う各種承認料の中からOPBFが支払う形を採っている可能性があります(フェアネスを担保するため)。あくまで推測です。 ◎日本タイトル及び国内での公式戦 ①JBCルールには報酬規定の明記は無し。一般的には1~2万円程度とされる。 ②JBCルールによる審判員のライセンスは、ボクサーライセンスと同様、A・B・Cの3種にクラス分けされる。JBCが本人の経歴や能力等に応じて承認を行う。 *A:すべての試合を担当可、B:6回戦まで、C:4回戦まで 海外でも、コミッションが直接審判員を登録管理する形態が一般的です(アメリカは各州のアスレチックコミッションやボクシングコミッション、担当部局)。経験に応じて前座、セミ、メイン、タイトルマッチなど、任せられる試合が異なるのは当然で、それぞれのコミッションが独自の規定と判断で峻別を行います。 彼らの報酬を安いと見るか、意外に高いと見るかは難しいところです。もともとは専門職というより、名誉職的な性質(社会的地位や貢献度の高い人物が人間性と見識を見込まれて依頼される)が強く、本質的に高額な報酬を約束されるべき仕事ではないのですが、安過ぎると「これなら買収が横行しても不思議はない」と考える人たちも現れる。困ったものです・・・ OPBF圏内で開催されるA・Cの世界戦やOPBF戦をさばくために、タイや韓国へ渡るベテランの日本人審判の行状について、何かとよからぬ噂が絶えないのは極めて遺憾で慙愧に耐えないことですが、火のないところに煙は立たないとも・・・

ThanksImg質問者からのお礼コメント

誠にありがとうございます! タイや韓国で地元判定に加担すると噂のある日本人ジャッジのことは耳にしますが・・ それにしても、国内の非タイトル戦は1日拘束されて1~2万円程度×2、3試合程度?って安いですね・・

お礼日時:2012/7/21 22:22