ここから本文です

個人事業の経費について

bak********さん

2012/7/2515:18:31

個人事業の経費について

個人事業の経費について質問します。
私は副業でブログ(資格勉強やセミナー感想、食べ歩きなど)、建築設計をしています。
副業の年収は大体500万~200万円くらい、青色申告65万控除も申請済みです。
帳簿作成は会計ソフトで行っています。
このような状況で以下の経費は認められますでしょうか?
(似たような質問やネット検索でも調べましたが、いろいろな意見があり、いまひとつよくわかりません)

・作業を自宅の自室で行っているのですが、その家賃は計上できますか?
自宅なので外部に家賃を払っているわけではありません
近隣家賃相場の10%計上は無理でしょうか?
検索すると、固定資産税と減価償却した場合の**%くらいとありますが、それが正解でしょうか?

・上記に伴い、電気代(10%)、携帯(35%)、プロバイダ、セキュリティ(50%)は計上できますか?
割合は目安で大体です

・セミナー参加費、試験受験料、会場までの電車代などは計上できますか?

・食べあるき時の食事代(本人分の40%くらい)は計上できますか?

質問が複数で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
397
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2012/7/2515:39:06

①家賃
まず不可能というか意味がないですね。
家賃として経費を計上しても、自宅ですので質問者さんが家賃として受け取って不動産所得が発生するだけです。
事業所得のマイナスと不動産所得のプラスで結果同じです。

固定資産税と減価償却費の一定割合という考え方は存在します。
しかし、その一定の割合が事業との関連性を合理的に説明できるものでなくてはいけません。
「だいたい50%くらいにしとこっかな」ではなく、「100㎡のうち20㎡事業専用に利用しているから20%とする」の様にです。

②電気代、携帯ほか
これも上記と同じく合理的に説明できる算定方法を定めておきます。
電気代:PC○○ワット×○○時間など
携帯:可能であれば通話明細を請求して相手先で分ける。
不可能であれば相手先件数で按分する。仕事先÷(仕事先+私用)
プロバイダ:可能であれば別回線複数契約にして仕事用と私用を分ける。
不可能であれば、使用時間で按分する。
セキュリティ:同様

③セミナー参加費等
問題なく計上できます。

④食事代
食べ歩きブログが収益を生んでいるというのが想像できないんですけど、バナー広告かな?
だとしたら無理ですね。
閲覧に有料の会員登録が必要ならばその食べ歩きの内容に対し会費という収益が発生している為、食べ歩きは原価と考えられますが、無料のバナー広告は広告料が閲覧数によって変動しようが内容に関係なくスペースを貸しているという考え方をしますので。

以上です。
一般論しかも厳しい目の回答です。
人によっては適当な割合でいいとか、全額計上してもばれへんってって言う人もいると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2012/7/2521:44:40

ことほど左様に経費の計上に関しては意見はさまざま、税務署の人間に言わしてもこれと同じ結果、署員によって違います。同じく会計事務所で働いている人間も然り。
要は税務署に対して言い切れるだけの根拠を持つこと(それでも否認されることはありますが…)

他人の意見の中で共通する答えは採用して、異なるものは自分で事業と関係があると言い切れるように考えてみてください。事業をしてる本人が一番分かってるはずだから…

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

リクエストマッチ

2012/7/2518:53:23

>・作業を自宅の自室で行っているのですが、その家賃は計上できますか?

無理ですね。たとえ賃貸であっても按分計算で必要経費に算入できるのは机一個分の床面積がいいところ。ほとんど0です。

>・上記に伴い、電気代(10%)、携帯(35%)、プロバイダ、セキュリティ(50%)は計上できますか?
割合は目安で大体です

必要経費の定義は収入を得るために必要な費用です。
電気代10%は相当大きなサーバーを使用していない限り多過ぎませんか?
携帯電話をブログ作成に使う必要性はありますか?
プロバイダーやセキュリティーはブログの割合が大きいならOKでしょう。

>・セミナー参加費、試験受験料、会場までの電車代などは計上できますか?

セミナー参加や資格試験はブログのためじゃないでしょ。ダメです。

>・食べあるき時の食事代(本人分の40%くらい)は計上できますか?

ブログに関係なく食事は摂りますよね。ダメです。

yak********さん

編集あり2012/7/2515:37:21

家賃計上は出来ません。
作業部屋の総延べ床面積割合分の固定資産税、減価償却費を計上するくらいでしょう。
もし借入金で建てている自宅なら、借入金の利息も割合分計上できます。

電気代等はまあ、悪いとはいえませんがその数値の根拠を聞かれてもいいように準備しておいてください。

セミナー参加はいいですが、資格試験の受験料はダメです。
交通費は、セミナー参加ならいいですが資格試験の会場に行くためならダメです。

食事代・・・原則的に難しいでしょうね。資格取得と同じで、あくまで個人の資質向上や維持のためのものは経費になりません。
仕事をしてなくても食事はとりますし、ブログの食べ歩き記事も、あくまで個人的感想という付帯的なもので、売上を得るためにどうしても必要だと言える直接的なものとは私は思えません。
税務署員の方複数名にたずねてみてください。意見がもし分かれればラッキーかと。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる