ここから本文です

火力発電所はどのような場所に多くつくられていますか? また、なぜその場所につ...

bst********さん

2012/8/123:08:18

火力発電所はどのような場所に多くつくられていますか?
また、なぜその場所につくられているのか理由も教えてください。

中2地理の問題なので、短めに回答お願いします。

閲覧数:
474
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2012/8/123:14:06

大都市の近くの沿岸部

理由:大都市=電力の大消費地・沿岸部:冷却水が必要なため

質問した人からのコメント

2012/8/2 18:48:38

降参 一番問題に適した答えでしたありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

2012/8/215:38:33

ご質問者様

火力発電所の建設できる土地は、
工業用地に限られます。

日本の火力発電所の特徴ですが、
二つの理由で海岸沿岸の工業用地・埋め立て地に建設されています。

一つ目は燃料の輸入です。
日本で使われている火力発電所の燃料は、
5割が天然ガスで4割が石炭で残りが原油(重油・ナフサなど)です。
これらはすべて海外から船で輸入してきますので、
燃料を貯蔵してすぐに発電所に送り込めることができるため、
海岸沿岸に建設されます。

もう一つの理由が海水です。
火力発電所ではボイラーで燃料を燃焼させ、
純水を蒸発させます。
最新鋭では600℃にも達します。
これを蒸気タービンに導いて回転させることで、
タービンと直結している発電機が回転して電気が生まれます。

タービンで仕事を終えた蒸気はエネルギーを失います。
さらにこれを水に戻す必要があるので、
大量の冷却水必要になります。
ここで使われている冷却水が海水になります。

海外では大きな河川から冷却水を得るケースもありますが、
日本の場合大きな河川がないので内陸部に建設することはありません。

最後にこんな理由もあります。
最新の建設方法として、
現場で部品を組み立てるのではなく、
工場内でほとんどの組み立てを終えて海上輸送をします。
これを現地で据え付けることで、
工期の短縮や経費の圧縮につながるという理由もあります。

不明な点があればご質問をください。

ご参考になれば幸いです。 hisa

tab********さん

2012/8/200:48:35

YAHOOじゃ無いんですが・・

GOOGLEのマップで、日本を出して、上側の検索欄に『火力発電所』と入れて検索すれば、地図上に、赤い点で表示されます。

多いのは、大都市周辺・・東京湾や大阪湾、瀬戸内海、伊勢湾・・仙台湾などなどの工業地帯の中にあって、他の化学企業と資源(原油や天然ガス)を分け合う様に、コンビナートを形成してます。

多くの電力を消費する大都市に近いほうが送電コストが安く済み、排熱なども熱源して利用できます・・液化天然ガスを気化させるときに出る、冷温は、冷凍倉庫などの冷源としても生かされています。

小規模なものは、送電にコストが係る離島などにもあります。

shu********さん

編集あり2012/8/123:22:30

先の方の答えに加えて、重油・石炭等燃料を海上貨物で大量に輸送できるので沿岸部です。

max********さん

2012/8/123:15:42

海辺!海水を利用し熱し蒸気でタービンを回し発電するから!もう1つの理由に海辺に作るのは社員が魚釣りが好きだから!理由は好きな方を選びなさい。

gdc********さん

2012/8/123:13:18

空港のそば。運ぶのに便利だから

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる